« コシアキトンボ@新治市民の森 | トップページ | シオカラトンボ@鶴見川 »

2007.07.23

ヒメウラナミジャノメ@一本橋めだかひろば

アジアカップ準々決勝1
日本vsオーストラリア
オーストラリアはどう考えてもアジアじゃない。欧米か、じゃなくて欧米だ。ヨーロッパでプレーしている選手が大半だし。アジア組みやすしとみてアジアサッカー連盟に加入するとはどう考えてもアジアをなめている。浦和のワシントンに似た存在の大型FWビドゥカをうまいこと押さえ込めて中沢を中心とするDF陣は良くやったと思う。しかし、ボールをいくら保持していたとしてもリスクをかけて切り込んで行くようなプレーがほとんど無く、だめだなこりゃと思いながら見ていた。しかし高原の得点能力だけはもう素晴らしすぎて神ですな。高原を代表に定着させたオシムの目が正しかったのだろう。日本代表はパスコースが読めすぎて面白くない。相手をひきつけてから余裕を持ってひょいとかわすというプレーが出来ないなぁ。あまりにも相手を怖がりすぎ。臆病すぎてみていて悲しい。相手が一人少なくなってがっちり守りを固めて貝になってからもだらだらとパスをまわすだけで得点の気配はまったく無かった。これではサウジにまけるかもしれない。個人技がある川口と高原様様だ

準々決勝2
韓国vsイラン
昨日の夜はどうせ録画だろうと思って韓国vsイランを見始めたらなかなか早送りが無い。前半が終わってやっとリアル中継であることに気づいた。どちらも工夫の無い攻めを繰り返すだけで面白みが無かった。ただ、個人技はどちらもあるので接点でのプレーはスリルがありボールを奪う奪われる、かわすかわされるという点で面白かった。この試合も延長で決着せずにPK戦となった。イランのGKは動き出しが早すぎて完全に読まれていたように思う。あれでは勝てるわけが無い。わざわざあのGKに変えたというのはまったく理解できない。イランのミスとしか言いようが無いな。PK戦は運だというがこれはイランの自滅。120分間の死闘を見ると両国の選手たちの間には戦友のような意識が芽生えているのが見て取れた。これは日本とオーストラリアには見えなかった部分だ。2次リーグでいきなり撃沈し最終戦でぎりぎり突破してきた韓国だが、やはりしぶといとしか言いようが無い。
★ちょっと関係ないがイランのマハダビキアの名は放送中に何度も呼ばれていたのだが、最後の方ではマハダビキヤ=間羽田曳也という日本人の名前のように聞えるようになった。ビキヤというのはちょっとありえないがあってもおかしくは無い感じ。

準々決勝3
サウジアラビアvsウズベキスタン
韓国vsイランのあとに放送があり、前半の半分ほどを省略されていた。ウズベキスタンはヨーロッパとアジアの間というのが選手の顔から見て取れた。サウジは黒人が多く、やはりアフリカっぽいなぁと思う。両国ともやはり個人技があり、最後の瞬間に足が長くなる日本人にないプレーが見られた。組織的な攻撃というのはほとんど見られず、代表チームとしてどういう練習をしているのか首を傾げたくなる。だが高い個人技をベースにして時折繰り出される連動した速い攻撃はどちらも鋭く、脅威と思う。サウジの2点めは素晴らしいカウンターで見事としか言いようが無い。日本の次戦の相手としてどちらがイヤか、マシかという観点で見ていたが、ウズベキスタンはオーストラリアにやや似ていて対応には慣れた点でややマシかなぁと思った。最後一点取ってからの反撃には期待したがょっと届かなかった。サウジはちょっと手強いなぁ

準々決勝4
イラクvsベトナム
は中継が無かったようなので見ていない。ベトナムは主催国の雄として決勝トーナメント進出おめでとう。ただ、残念ながら実力的にはイラクの敵ではなかったようだ。ベトナム、マレーシア、タイ、インドネシアの国民みんなに夢を与えたものと思われる。これって結構な人口だ。イラクも国が大変な中、国民に喜びを与えたのたと思う。ただ、歓び過ぎて祝砲で死者が出るというのはなんとも悼ましい。

★日本がアジアで優勝するならば、アジアをなめて来た欧米オーストラリアを下したので、次に中東の雄サウジを下し、最後は宿命のライバル(巨人の星みたいだが)韓国を破ることによって完全制覇といきたいところだ。サウジよりも日程上で一日休みが多いのは有利な点なので、前半に得点してボールを回しつづけて相手をへばらせて戦意喪失状態に追い込みたいが、どうなることだろう。あさってが楽しみ。ちなみにサウジのと対戦成績は昨年のアジアカップ予選A組での戦いで0-1(アウェイ)の負けと3-1(ホーム)の勝ちで一勝一敗である。

Imgr5765
さて、新治市民の森から流れ出る梅田川にはいわゆる親水公園があり、一本橋めだかひろばというらしい。先日からトンボを見ている場所だ。近所の子供たちや子供連れが水に入って遊んでいるような公園だ。シモツケがピンクの可憐な花を咲かせていたので見ていたら小さな蝶が蜜を吸っているのに気づいた。ヒメウラナミジャノメ。下翅に5つも紋がある。翅裏全体に白地の上に円周に沿うように褐色の筋模様がある。複眼にも似たような模様がある。さらに触角もまだら模様になっている。シモツケはおしべの長さが目立つ。満開だったのでかなりはなやかだった。7月21日、新治市民の森の近くの一本橋めだかひろばにて。
Imgr5517

|

« コシアキトンボ@新治市民の森 | トップページ | シオカラトンボ@鶴見川 »

サッカー」カテゴリの記事

チョウ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コシアキトンボ@新治市民の森 | トップページ | シオカラトンボ@鶴見川 »