« アメリカザリガニ、トウキョウダルマガエル@新治市民の森 | トップページ | コシアキトンボ@新治市民の森 »

2007.07.21

手乗りヒヨドリ?@恩田川

Imgr5625
今日は午後から新治市民の森に行ったのだが、いつもとは違うルートで川沿いに黒王号を走らせてみた。中山のNTT裏にフットサル場が新しく出来ているが、一度もプレーをしているのを見たことがない。横浜FCと関係あるのだろうか。さて恩田川沿いに走りながら時折り双眼鏡で川面を見ていたら、妙なものを発見した。巣立ち雛と思われる。フェンスに首を突っ込んで川側に出たいようだったが翼が引っかかって出られなくなっていた。そしてそれをハシブトガラスが見ていた。危ないじゃないか。食われるよ。カラスを睨みながら1m離れて観察・撮影していたが、しばらくしてようやくフェンスの上に乗れたようだ。しかし、そこからどうにも動けなくなったようだったのでそっと右手を差し出してみたら乗ってきたではないか。どっきどき!左手でなんとか撮影したのがこれ。羽毛が生え揃っていないのでクロハゲワシみたいな頭になっている。次列風切外弁茶色がかるが他はすべて灰褐色尾羽はまだ無い。と、そのときぷいーっと糞を垂れた。右手の上にorz。どうしようか?しばし迷った末、後ろの樹に移してやろうと移動しているうちに突然ばさっと飛び立ち木立の中に飛んでいった。なんだ飛べるじゃん。どっきどきの30秒!稀有のひとときだった。......しかし、カラスに食われずに生きていけるだろうか。ちょっと心配だ。とにかく袖触れ合った仲、生き延びて欲しい。こんな幼い幼羽では何の鳥であるかはなかなか判断できないが、ヒヨドリではないかと思う。あるいはもしかしたらキジバトか。7月21日、恩田川土手にて。追記:ヒヨドリでいいようです。ヒヨドリのヒナはろくに飛べないうちから巣離れしてしまうことが多いらしくこのような事例は多いようです。7/23。

|

« アメリカザリガニ、トウキョウダルマガエル@新治市民の森 | トップページ | コシアキトンボ@新治市民の森 »

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカザリガニ、トウキョウダルマガエル@新治市民の森 | トップページ | コシアキトンボ@新治市民の森 »