« ヤサガタアシナガグモ?@四季の森公園 | トップページ | ショウジョウトンボ@新治市民の森 »

2007.07.07

ヤハズハエトリ@鶴見川土手

午後遅くにジョギングに出かけた。iPODを聞きながらゆっくり走ってみた。ニッサンスタジオ周辺のあちこちの公園をグルグル巡って結局2時間ほど走った。気温は高くなかったのだが、やはりやや蒸暑かった。新横浜公園の水辺ではトンボを探しながら走るとオオシオカラトンボらしきを一頭見ただけだった。ニッサンスタジオまで約30分、周辺を約1時間、キロに約30分だった。今日は残念ながらサブグラウンドもニッサンスタジオも個人利用はやっていなかった。iPODはランダムにしてみたが、なかなかペースが合わなかった。また耳に風があたる風切音が大きく、聞きにくかった。イヤホンのコードもぶらぶらとわずらわしくなんとかしたかった。最近はこういうグッズもいろいろ出ているのでかっこよく走れるようだが、もうやらないかもしれない。すっかり汗を出してしまったような爽やかな走後感。シャワー後の体重は○4.8kgだった。最近ちょっと低体重気味かなぁ。
Imgr5021 Imgr5045
午前中は鶴見川の土手を散策した。先週見たカルガモのヒナは姿が見えなかった。親らしきも見当たらなかった。ススキに白黒のはっきりした目立つ模様をしたクモを発見した。ヤハズハエトリの♂。初見だ。第一脚が太く長く黒っぽい。最初ハエトリグモとは思わなかった。写真を整理していてカメラ目線のものを見つけハエトリグモと納得した。ハエトリグモとしては大型と思われる。腹が細い。ヤハズ(矢筈)とは広辞苑によると、矢の上端の弓の弦を受ける部分だそうだ。つまり矢の一番後ろの部分か?鷹の尾羽かなんかで作る矢羽の形ならば似ているような気がする。ヤバネハエトリの方が正確なのではないだろうか。と思ったら別の種類のヤバネハエトリってのが居た。学名はMarpissa pomatia(Walckenaer 1802)とあるので200年以上も前に記載されたものだ。ちなみにヤハズハエトリの方はMendoza elongata(Karsch 1879) 。和名もこの順番なのだろう。河原に居たが蚊が寄ってきたため落ちついて撮影できず、少しぶれてしまった。今日もトンボを見かけなかった。7月7日、鶴見川土手にて。

|

« ヤサガタアシナガグモ?@四季の森公園 | トップページ | ショウジョウトンボ@新治市民の森 »

クモ」カテゴリの記事

ジョギング」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤサガタアシナガグモ?@四季の森公園 | トップページ | ショウジョウトンボ@新治市民の森 »