« ニイニイゼミの羽化@新治市民の森 | トップページ | オニヤンマを撮る@新治市民の森 »

2007.07.31

アブラゼミとトラフカミキリonヤマグワ@鶴見川土手

Imgr6163
今日も夏休み。平日にもかかわらず朝から鶴見川土手に出かけた。ヤマグワの幹にセミを発見。アブラゼだった。おしっこをかけられないように気をつけて寄リ撮影する。逃げられてしかもおしっこをかけられると、笑い事ではなく本当に落ち込む。自らの愚かさとセミの憎たらしさに頭にくるのだ。今回は大丈夫だった。そしてふと気づいた。反対側にトラフカミキリがいるのに。産卵しているようだったのでメス。やはり一瞬スズメバチかとぎょっとするのだが、よく見れば違うのは明らか。そっと左手に御招待したのが下の写真。背中に明瞭なの模様。筋肉マンみたいだ。しかしカミキリは植物食。このあとすぐにクワに戻したのだが、弱っていたのか、動きが弱弱しく、何度も落ちそうになっていたので、ちょっと心配でもある。昨秋、同じ場所でこのカミキリを見たことを紹介した記憶があるが、そのとき使っていた図鑑には「トラカミキリ」とあった。今の図鑑では「トラカミキリ」となっていてどういうことであろうか?ヤマグワの樹皮はデコボコが激しく、卵を産み付けるには絶好の条件であろう。しかしヤマグワにとって見れば樹皮をかじられるは卵を産みつけられるは幼虫にもかじられるはで大変迷惑な存在なのではないかと思う。そうそう、PCで見るとセミの羽の緑色の脈が美しい。それからよく見るとセミもトンボと同じように粉をふいている。これはいったいなんだろうか?午前中に妻と二人でららぽーとまでいって「ハリポッターと不死鳥の騎士団」を観た。思い立って30分後にはネットで座席を確保でき、家を出て15分後には映画館に入れるという便利さが信じられん。ただ、夏休みにもかかわらず午前中始まりとあってかがらがらだった。このTOHOシネマズは初めてだったが、座席も広く、前との間隔もありなかなか快適だった。さらにこの時期、平日の午前中始まりの映画は500円割引で1300円とお得
Imgr6179

|

« ニイニイゼミの羽化@新治市民の森 | トップページ | オニヤンマを撮る@新治市民の森 »

その他昆虫」カテゴリの記事

カミキリ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニイニイゼミの羽化@新治市民の森 | トップページ | オニヤンマを撮る@新治市民の森 »