« アブラゼミとトラフカミキリonヤマグワ@鶴見川土手 | トップページ | カタジロゴマフカミキリ@新治市民の森 »

2007.08.01

オニヤンマを撮る@新治市民の森

Imgr6251 
今日は朝から新治に行ってみた。平日とあって人がほとんどいない。あちらやらこちらを観察して回ったあと、オニヤンマが巡回しているのを発見した。しばらく遠くからその様子をそっと観察していると、そのコースが分かった。まったく○○の一つ覚えのように行ったり来たりしている。そこでゆっくりと動きコースの途中まで時間をかけて移動した。そこでしばらく樹に化ける。目だけ動かして彼の巡回を追う。そっとデジカメを取り出し1m程度の場所にピントを合わせて待ち構える。いわゆる置きピンというやつだ。やってきたオニヤンマにあわせてシャッターを切る。画像を確認するとまったく写っていなかった。タイムラグが思ったよりも長いようだ。タイミングをやや早めにして何度も試す。ヤンマに怪しまれないように動きを最小・ゆっくりにして忍耐強く何枚も撮る。そして10枚に1枚ほど姿を捉えることが出来た。その中で一番まともなのが上。無いよりはマシという程度だが、コンパクトデジカメで飛びモノを撮れて嬉しい。下は止まってくれたところ。オニヤンマ♂。近くで見るとやはりでかかった。やっと梅雨明けした8月1日、新治市民の森にて。

Imgr6285

|

« アブラゼミとトラフカミキリonヤマグワ@鶴見川土手 | トップページ | カタジロゴマフカミキリ@新治市民の森 »

トンボ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
オニヤンマ飛んでますネ
すごいじゃないですか
エフもかなりチャレンジしましたが
粘ってもまったくうまくいきませんでした
カメラも動きについていきながら撮るんでしょうか

飛んでる時ってトンボは足を縮めてるんでしょうか?
はるきょんさんの写真を見てちょっと気になりました

投稿: エフ | 2007.08.03 13:12

飛びモノは本当に難しいですが、はまるとこんなに面白いものもありません。釣りみたいなものでしょうか。まずは、行ったりきたりするコースをじっくり正確に見極めることが出来るかどうかで勝負の半分は決まると思われます。あとは粘りとタイミングでしょうか。カメラは流し撮りにしました。トンボが飛んでいる写真は最近だいぶ見ましたが、脚はたたんでいます。3対ある脚の第一脚だけは複眼の脇にたたみ、あとの2脚は胸の下におりたたんでいるトンボもあるようです。

投稿: はるきょん | 2007.08.03 21:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アブラゼミとトラフカミキリonヤマグワ@鶴見川土手 | トップページ | カタジロゴマフカミキリ@新治市民の森 »