« ニジゴミムシダマシ@新治市民の森 | トップページ | はまかいじで甲府旅行 »

2007.08.22

不明トンボ@鶴見川土手

Imgr5847
PCのフォルダーをブラズしていたらこれが見つかった。7月28日に鶴見川土手で写したもの。ご覧のように翅には模様も色もついていない。縁紋があり、黄色と褐色っぽく見える。腹部の背側はオレンジ色で特徴的な模様はない。葦に縦に止まっている。前翅と後翅の形が違うので不均翅亜目。候補はナツアカネ、アキアカネ、マユタテアカネ、ウスバキトンボぐらいか。
この個体に関しては写真はこれ一枚しかない。横から見た胸の模様もわからない。。自分ではこれ以上判断できないので投票してもらおうと思う。これが何だか分かる方は是非コメントをください。ニフティの投票というのがあったので使ってみました(笑)。★PCの環境によってはちゃんと表示されない場合があるかも知れません。

|

« ニジゴミムシダマシ@新治市民の森 | トップページ | はまかいじで甲府旅行 »

トンボ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。
おもしろそうなので投票しました。
わかりません・・・・でも良いですか?
私も頑張って実家の畑でトンボを撮ってきました。
明日、アップします!

投稿: bikki | 2007.08.22 21:56

bikkiさんこんばんは。投票ありがとうございます。この投票はいろいろ使えそうな気がしています。誰がどういう投票をしたかなんて全くわからないのでブログには適していると思います。今、締め切り方を研究中です(笑)。

投稿: はるきょん | 2007.08.23 20:09

ぼくは市ヶ尾に住む虫好きの小学3年生です。
お父さんがたまたま見つけたホームページでトンボの種類を調べる投票に興味を持ちましたので、自分も図鑑で調べてみました。
なぜアキアカネと判断したかと言いますと、
●後ろ羽の脇の付け根部分にある薄い模様がアキアカネに一番近いと思ったからです。
●図鑑で見ると、顔自体もアキアカネに一番似ていると思ったからです。

投稿: ソーマ | 2009.01.03 15:10

ソーマ君、コメントありがとうございます。ずいぶん前の記事なので自分でも再度このトンボを検討してみました。当時は縦に止まっていることの印象が強くウスバキトンボかなあと半分思っていました。そのころ持っていなかった図鑑で詳細に翅の形を見比べてみました。図鑑のウスバキトンボはアキアカネやナツアカネに比べて翅先が前翅も後翅もやや尖っている、♂は後翅先にやや暗い部分がある、前翅がやや細く、後翅根元が幅広く全体に三角形をしている、また腹部に比べて後翅の割合がほぼ半分(以上)あるなどが分かりました。ということで写真のトンボはウスバキトンボではないと思います。また、翅元に黄色みがないようなのでマユタテアカネでもないようです。というわけでアキかナツのどちらかでしょうか。自分には今のところナツとアキの翅の模様での区別は出来ませんでした。投票結果はアキアカネが41%で優勢ですね。♂か♀かも含めてもうしばらく検討してみたいと思います。ご意見ありがとうございました。

投稿: はるきょん | 2009.01.03 18:47

はるきょん様、さっそくご意見ありがとうございました。
はるきょん様の考察を参考にして、ぼくももう一度、図鑑で
調べてみました。
鶴見川土手のトンボの写真をもう一度よく見てみると、トンボの前羽の付け根部分にあたる胸の色がアキアカネの♀の横から見た図鑑の写真と似ているように思いました。
ぼくももっと調べてみますので、よろしくお願いします。
今まで、赤トンボには、ナツアカネかアキアカネしか種類がないと思っていたのですが、はるきょん様のホームページがきっかけで、いろんなことが分かったので、とても嬉しかったです。

投稿: ソーマ | 2009.01.03 21:06

昨日は図鑑でアキアカネとナツアカネの翅脈をじっくり見比べてみました。ナツアカネは全体に脈が粗くアキアカネは細かいように感じました。後翅の三角室の下あたりの部分です。このような真上からの写真があまりないので自分の写真では確認できませんでしたが、そのあたりを参考にして研究したいと思います。尾部付属器の形からしてこれは♂のようですね。「はるきょん」の名前にトンボドットコムをリンクしときました。

投稿: はるきょん | 2009.01.04 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニジゴミムシダマシ@新治市民の森 | トップページ | はまかいじで甲府旅行 »