« 黒王号でちょっと房総半島まで遠征 | トップページ | コフキコガネ@新治市民の森 »

2007.08.11

ヤハズハエトリその他

今日は昨日のお疲れと暑さで寝苦しかったため寝坊をした。こんな日は何もしたくなく、ららぽーとに買い出しに行っただけだった。酷暑のなか、里帰りにせいを出した皆様お疲れ様です。sasaganiさんという師匠!と出会えたので(笑)最近放っておいた写真を掘り出してちょっと見てもらおうと思う。
Imgr4756
不明グモ。不明というか、調べる根気がなかっただけorz。だいぶ前になったが6月30日、四季の森公園。師匠のお出ましを願いたいところ。>詳しい人たち、お願いします。
Imgr4867
これも同様。7月1日、鶴見川土手にて。
Imgr6155
鶴見川の土手の下、川に近い部分は先日の豪雨時の増水でゴミだらけになっていたのでなかなか歩きづらかった。いろいろなものが流れ着いていてあちこちに溜まっており不快だった。そんななか先日も観たヤハズハエトリ♀がなにやらのクモをくわえているのを発見した。現場ではそれが何だか分からなかったがPC画面で確認したところ、これはアシナガグモではなかろうか。体の大きさはほぼ同じ。ハエトリグモがクモを食うのねぇ。ちょっとワイルドな場面を目撃してしまった感じがする。
7月31日午前、鶴見川土手にて。
Imgr6324
クモの脱皮ガラ。なんだか脱ぎ捨てたストッキングかなにかのように見える。脚の分しかないように見えるのは何故だろうか。8月1日、新治市民の森

|

« 黒王号でちょっと房総半島まで遠征 | トップページ | コフキコガネ@新治市民の森 »

クモ」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

師匠なんてとんでもありません。以前にも書いたように、今年からクモを見始めた初心者なので、あまり詳しいことはわからないんです。ご期待にそえなくて申し訳ありません。

というわけで、写真の蜘蛛は何グモだかわかりません。一番下の写真はヤハズハエトリのメスで間違いないと思います。真ん中のクモはかなり小さな幼体ではないでしょうか? この程度の大きさだと判別が難しいです。コガネグモ科のクモのような気がします。一番上はヤチグモ科の蜘蛛ではないでしょうか。ただし、あまり葉の上を歩いているところを見たことがないので自信はありません。葉っぱの上を歩いているところからフクログモ科の蜘蛛かとも思いましたが、目の配列がフクログモ科の蜘蛛と違うようです。

何だかお役に立てないコメントで申し訳ありません。自分も勉強中なのでお許しください。

投稿: sasagani | 2007.08.16 00:43

sasaganiさん。無理強いをしてしまったようで申し訳ありませんでした(笑)。クモは難しいです。マイナーな仲間であることと種類が多いことからある程度しかたがありませんが、野鳥や昆虫などの素晴らしい図鑑、写真図鑑などの充実ぶりと比べて大変プアといわざるを得ないと思います。クモがもっとメジャーな地位を占めるにはもう1~2世代進んだ図鑑が出て欲しいところです。その際、オス・メス、近縁種・類似種と識別ポイント、幼体、種内のバリエーションなどに触れて欲しいです。おっと、これは約30年前、対馬で図鑑「日本の野鳥」を手にして、その著者である高野伸二さんご本人に言った言葉とほぼ同じだ。現実的には図鑑で一応調べてからネットで丹念に確認していくのがいいのかなぁと思います。あと、突然ですが、実用クモ検定って難しいですね。
http://www.ne.jp/asahi/jumpingspider/studycenter/kumoken.htm
今回のコメントでいくつかヒントをいただいたのでまた少し調べてみようと思います。

投稿: はるきょん | 2007.08.16 16:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒王号でちょっと房総半島まで遠征 | トップページ | コフキコガネ@新治市民の森 »