« オオイシアブ@新治市民の森 | トップページ | ウラギンシジミ@新治市民の森 »

2007.09.01

サビキコリ@鶴見川土手

今日は涼しく絶好のラン日和だったので午前中はジョギングをした。涼しいとは言え一応ウェアの肩と上腕あたりに水はかけておいた。どういうコースをどれだけ走るか決めずに走り出したのででたとこ勝負。でもいつもの亀甲橋に向った。一応キロ5分30秒程度で進む。途中、土手の補強工事が一箇所あり、仮設の歩道を渡るところがある。板がたわむのでゆれながら走る。いつもここで心拍数があがってしまう。4km地点で女性を一人追い越したのを契機にスピードを上げた。結局亀甲橋では折り返さず、もう1km過ぎた地点での折り返しとした。キロちょうど5分ぐらいのスピードである。帰路は若干の追い風になるかと期待していたが、走るスピードを同じ風速らしく、ぴたっと風が止まりかえって不快だった。かなり苦しかったが最後までスピードを維持して走りきった。ちょっときつかった。
ラン後の体重は○5.5kgだった。距離:12km、タイム:1:02’05”、平均心拍数:165、最高心拍数187、平均ピッチ:172
Imgr7802 Imgr7805
朝食後すぐには走れないので、腹ごなしに久しぶりに鶴見川の土手を散策した。涼しいせいかトンボがぜんぜん居なかった。クズの葉がむごたらしく食害されていたので見てみるとアオドウガネがうじゃうじゃいて熱心に食していた。マメコガネが2頭まじっていた。だいぶ小さい。川にはアオサギイソシギカルガモ謎の小カモがいた。カルガモの幼鳥ではない。マガモかそれ以外だろう。双眼鏡では詳しく見れず判明はしなかった。
ヤブガラシの花にコメツキムシらしきが居た。この手の虫はなかなか苦手なのでいつもは敬遠していたのだが、今日は他にはめぼしいものが居なかったので撮影してみた。うんんん~、やはり地味だ。一応図鑑とネットで調べてみたが、胸部に突起があるのでサビキコリに一番近いような気がする。初登場。コメツキムシの仲間である。似たのにホソサビキコリ、ムナビロサビキコリというのも居るが詳しい識別点は不明。「サビキコリ」ってどういう意味なのであろうか。錆+木こり???9月1日、鶴見川土手にて。

|

« オオイシアブ@新治市民の森 | トップページ | ウラギンシジミ@新治市民の森 »

その他甲虫」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオイシアブ@新治市民の森 | トップページ | ウラギンシジミ@新治市民の森 »