« オジロアシナガゾウムシ@鶴見川土手 | トップページ | マユタテアカネ@新治市民の森 »

2007.09.07

スズバチとジガバチ@新治市民の森

今朝はだいたい思ったとおりの天気だったが、どこのテレビを見てもどこにどんな警報が出ているかを教えてくれずいらいらした。結局ネットで気象庁を調べて確認できた。というわけで娘の願いは叶い、本日の期末試験は延期となった。さて昨晩、扉式のサッシが突風のためにが~~~んとぶっ飛ばされ、弾みでストッパー(というのか?)から外れてしまった。で、今朝どうやって治すべきか、しばし観察・精査の末、ストッパーのレールを一旦外し、ドア側にくっつけた上で再びまたレールをつけるという作戦を敢行し、なんとか奇跡的に修理することができた。てなわけで朝から疲れた。京浜東北が鶴見~蒲田間で止まっていたので天気が落ち着いてから京浜急行で出社した。通勤では苦労しなかったのでイーブンというところか。ところで京急で多摩川を渡るとき、その溢れ方にはびっくりした。ゴルフ練習場や野球場、サッカー場などのある広い河川敷がすっぽりと水に浸かり、勝手に建てられていたたくさんの小屋が水没していた。報道では多くのホームレスが救出されたとか言っていたが、正確にはホームレスではないのではないかと思う。
Imgr6487
この妙に腰のくびれた虫はスズバチというらしい。なんだか西洋の女性が異様に細いコルセットをしているかのような不自然さを感じる。胸騒ぎの腰つきってこんな感じか。体のど真ん中にこのような細いくびれを持つことにどんなメリットがあるのか考えも及ばない。力学的にも循環系の面からもデメリットだらけのような気がするのだが。ま、説明のつかないような様々な外見の多様性をもった種が混在するのが自然だからなぁ。スズメバチの仲間。
Imgr6590
と思ったら、こっちはもっと細いぞ。脚と同じぐらい、いや脚よりも細い!これでよく生きていけるなぁと思うほど腰が細く、しかも細い部分が長い。いったいどうしちゃったの?ジガバチ君たち。って感じ。黒い体にオレンジ色がワンポイントとシンプルなデザインは良しとしよう。この虫は最初なんの仲間であるかさっぱり分からなかった。異様に体が長かったからだ。アナバチの仲間だという。といってもアナバチなんて見たこともない。
ところで、ハチとアリの仲間はだいたいこんな分類が出来るらしい。
キバチ、ヤドリキバチ、ハバチ、ヒメバチ、タマバチ、コバチ、アリガタバチ、ツチバチ、アリ、ベッコウバチ、スズメバチ、アナバチ、ハナバチ。アリとハチの関係はチョウとガの関係に似ているかもしれない。あぁ~けっこう大変。8月3日、新治市民の森にて。

|

« オジロアシナガゾウムシ@鶴見川土手 | トップページ | マユタテアカネ@新治市民の森 »

ハチ・アリ類」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オジロアシナガゾウムシ@鶴見川土手 | トップページ | マユタテアカネ@新治市民の森 »