« トンボの飛行率 | トップページ | アカスジキンカメムシ幼虫@四季の森公園 »

2007.09.12

ノコギリクワガタ@新治市民の森

日本の若き代表達が戦っている。目が離せない。早朝には日本代表が強豪スイスを4-3の大逆転で破った。最近は同じ日に代表と年代別代表の試合があることがあり、嬉しい反面疲れる。
Imgr8097
土曜日の新治市民の森ではカブトムシはオスもメスも見かけなかった。代わりにミヤマクワガタノコギリクワガタを二箇所で見ることができた。赤茶色のシックな色合いで上等の革製品のような色である。長い顎もあってやっぱり華があるなぁ。人気があるのもうなずける。さてこの日、あちらこちらの樹液ポイントはどこも枯渇気味のようであった。夏も盛りを越えるとこうなるのか?時期とは関係ないのか?あるいは台風と関係があるのか。そういえばこの日は台風のせいで落ちた枝先や太い枝などがどこもかしこも散乱していて、荒れた印象が強かった。コナラやクヌギの未熟な実も多く落ちていた。昨年は実のなりが悪かったが、今年は生り年ではないだろうか。期待できる。今年は二年ぶりにドングリを採集してまたいちから育ててみようかな。牛乳パックを利用すると狭い場所でもなんとかなるので興味のある方はどうでしょうか?過去記事を参考にしてみてください。ノコギリクワガタ♂は9月8日、新治市民の森にて。追記:ノコギリクワガタに訂正します。9/13。

|

« トンボの飛行率 | トップページ | アカスジキンカメムシ幼虫@四季の森公園 »

サッカー」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
流石にこの季節になると、雑木林の王様カブトムシも殆ど姿を消し、
樹液酒場はクワガタ残党たちの天下といった感じですね。

ドングリ、意外と簡単に発芽させることができるそうで、
私も以前から挑戦してみたいなあと思っているのですが…
そう思い始めてからもう数年が経とうとしています(苦笑)。
最終的には、自宅の庭にクヌギの木を…なんて夢だけは広がります(笑)。

さて、最後になってしまいましたが、写真のクワガタ、
ミヤマクワガタではなくノコギリクワガタかと思われます。

ミヤマクワガタは市内ではかなり珍しいクワガタのようで、
私も年少の頃から憧れ続けています。
少し遠出すれば出会えなくもないのですが、
でもやはり、身近な雑木林で出会えたらいいなあ、
出会ってみたいなあ、と今でも考えてしまいますね。

投稿: 44 | 2007.09.13 21:15

44さん、こんばんは。ご指摘ありがとうございます。最近、だんだん間違っても平気になってきている自分がちょっと怖いです(笑)。タイトルまで修正できることも分かりましたので、確認後修正させていただきます。あ~恥ずかし!

投稿: はるきょん | 2007.09.13 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トンボの飛行率 | トップページ | アカスジキンカメムシ幼虫@四季の森公園 »