« ネキトンボの顔@新治市民の森 | トップページ | アキアカネに大接近@四季の森公園 »

2007.09.26

マユタテアカネの尾部付属器@新治市民の森

今朝も早朝ランをやろうと思っていたのだが、残念ながら起きることが出来なかったorz。久しぶりに寝床での葛藤というものを経験し負けたのだった。ま、いいか(笑)。
Imgr8761
新治の赤トンボシリーズその4マユタテアカネ。これもかすかに翅の根本に赤い斑がある。胸の前側の黒筋の背側がV字に割れている。腹部が下にゆるやかに曲がり尾部付属器が上に向って反っている。この時も顔は撮れなかった。こっちを向いて、顔を見せてよ!とお願いしても無駄なこと。こちらがそっと移動するしか手は無い。だが、飛ばれてしまうに違いない。あるいはひたすらじっと待っているうちに一旦飛び上がり、ぐるっと回ってもとの地点にとまりなおすときに向きが変わるのを待つか。そういう選択を迫られながらひたすら撮影する。カメラを持つ右手をしっかり固定してかまえるそのときに右手に蚊が止まる。さぁどうする。撮影を優先するか、蚊に対処するか。これも究極の選択である。今日は蚊にさされてやった。その代償がこの写真。右手中指甲側の痒さの感覚が甦る。9月23日、新治市民の森にて。

|

« ネキトンボの顔@新治市民の森 | トップページ | アキアカネに大接近@四季の森公園 »

トンボ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネキトンボの顔@新治市民の森 | トップページ | アキアカネに大接近@四季の森公園 »