« マユタテアカネの顔@新治市民の森 | トップページ | コノシメトンボの印@新治市民の森 »

2007.10.11

不明カメムシ幼虫@鶴見川土手

今日は年に一度の人間ドックの日。朝早くからご飯抜きで出社して病院に直行。一番苦手なのが採血である。高校生のときにはじめて献血をしようと友達と一緒に行き、最初の検査採血だけで気分が悪くなり、医者が顔をじっと見て「止めておきましょうね(笑)」。と諭され諦めて以来のことである。そのとき吐き気がして手も顔も冷たくなっていたことを今でも覚えている。友達によると顔が青くなり、そして黄色くなったという。それ以降、血液検査があるたびに寝てやってもらっているのでなんとか大事に至らずに済んでいる。今日も別室へご案内されて一人ベッドでやってもらい、しかもじょうずに採血してくれたのでまったく問題なかった。心電図の検査は美人にやってもらったのでどきどきして異常値にならないかと心配したが、なんとかブロックとかで神経の伝達に一部異常があるという指摘を受けたのと、洞徐脈と言われた。今日は安静時脈拍が46しかなかったのでこれはしかたない。なんとかブロックについてはマラソンをして大丈夫かと聞いたら、問題は無いとのこと。ちょっと気になるので正式な結果が返ったら調べてみることにしよう。だんだんと気にしなければならないことが増えてくるorz。
Imgr9481
月曜日の朝、鶴見川土手を少し降りた当たりの草ぼうぼうの場所で見つけたのがこのカメムシ。幼虫らしい。特徴的な触角を見よ。4節からなる触角は広くぶっとい。胸は横に張り出して針のように尖る。これだけ特徴があるとすぐに分かりそうなものだが、手元にカメムシ図鑑(約1万円するやつ)がないのでなかなか調べられない。今のところハリカメムシヒメヘリカメムシあたりが怪しいと睨んでいるのだが....10月8日、鶴見川土手にて。

追記:ハリカメムシの幼虫でいいようです。しかし成虫との体形の違いが大きいので違和感があります。でも触角が4節なのは同じ。yyzz2さん、ありがとうございました! 10/12

|

« マユタテアカネの顔@新治市民の森 | トップページ | コノシメトンボの印@新治市民の森 »

カメムシ」カテゴリの記事

幼虫」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

病気」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

こんにちは.
例の図鑑には5齢幼虫の写真が載っていますが,
触角のところの広がりが縦に写っていてちょっと分かりにくいです.
それでもハリカメムシで合っていると思います.
しかしまあ個性的ですね.

投稿: yyzz2 | 2007.10.12 06:52

yyzz2さん。ありがとうございました。ところで自分の書いた記事を遡ってみるとカメムシの触角はほとんどが4節であることに気づきました。ぱっと見てのことですが。5節あるのは例外的のように見えました。
一見5節
ウシカメムシ
セアカツノカメムシ
アカスジキンカメムシ
エサキモンキツノカメムシ?
一見4節
ハリカメムシ
ミナミトゲヘリカメムシ
キバラヘリカメムシ
アオクサカメムシ
ウズラカメムシ
オオクモヘリカメムシ
ノコギリカメムシ
オオモンシロナガカメムシ
ナガメ
ヒメジュウジナガカメムシ
クサギカメムシ
クモヘリカメムシ
ホオズキカメムシ
ホシハラビロヘリカメムシ
ツヤマルシラホシカメムシ
チャバネアオカメムシ

投稿: はるきょん | 2007.10.12 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マユタテアカネの顔@新治市民の森 | トップページ | コノシメトンボの印@新治市民の森 »