« 手乗りアキアカネ@鶴見川土手 | トップページ | The Cold Moon by Jeffery Deaver »

2007.10.21

トラック22周@小机サブグラウンド

素晴らしい秋日和の一日、午前中は例により新治市民の森に黒王号で出かけた。この時期、何を着ていったらよいか迷うのだが、結局長袖Tシャツに薄いウィンドブレーカを腰に巻いていって正解だった。ウィンドブレーカは無くてもよかったが。日当たりは暖かく日陰は涼しい。どこにいても心地良い一日だった。こういう気候が長く続くとよいのだが。どうもちょうどよい気候の春秋が短いと思う。
さて午後はランをした。特にコースは決めずに走り出した。とりあえずニッサンスタジアム方面へ向った。約4.5kmでスタジアムのサブグラウンドに着いたら、トラックを中学生らしきが走っているではないか。ラッキー!今日はトラックの個人利用開放日だったのだ。さっそく窓口でサインして中に入る。受付はどう見てもせいぜい高校生のお姉ちゃんだった。トラックに入るときなんだか舞台に上がるような昂揚感を味わう。大げさな(笑)。
トラックでは内側が長距離用、中ほどが中距離用、外側が短距離用だそうだ。なので内側を走る。とりあえず一周はゆっくりペース、2’21”。二周目からはちょっと考えてキロ5分相当の2分ジャストをペースに定めた。赤いアンツーカーのトラックは滑らず柔らかすぎずちょうど走りやすい。スピードを少しあげてすたすた走る。パルスグラフのラップボタンを一周ごとに押す。2分は長いようで短い。中学生の陸上部は100m、ハードル、そして800mの練習をしているようだった。2’01、2’00、2’01、1’56、1’58、1’57,1’53、1’57、1’56,1’56,1’56、1’55,1’55,1’52,1’53、1’53、1’51、1’51,1’53、1’51。後半はかなり疲れていたがいいペースで走れていた。最後だけはちょっと早く走ることにして1’34。後で考えると25周ちょうど10km走ればよかったと思うが、きり良く20周ということしか頭になかった。ラストをあがると水場で水をごくごく飲み、超スローペースで亀甲橋経由で帰宅した。心拍数140程度を目処に走ったのでキロ7分ぐらいかかった。呼吸は超ラクなのだが少しでもペースをあげると心拍数が跳ね上がる。これはいったいどういう機序によるものか。いろいろ考えながら走る。結局、脱水によるパフォーマンス低下かなぁ。帰路5kmを36’6もかかってゴールした。
コース:小机サブグラウンド往復+400mトラック22周、距離:20.0km、タイム:1:58’41、平均心拍数:152、最高心拍数201(ちょっと疑問ありだが)、平均ピッチ:169、ラン後体重:○3.9kg(これは近年に無い低体重。脱水がかなりの程度だったものと思う。具合が悪くなったわけではまったくないが)、10月累計走行距離:141.2km。
トラック走行部分だけ取り出してみると.....
距離:8.8km、タイム:42’33、平均心拍数:170、最高心拍数:201、平均ピッチ:174ぐらいど思われる。これだけ見ると遅いなぁ。
写真がないと寂しいので新治で撮ったルリタテハ。カンナのような大きな葉の向こう側にとまっていたのを撮影したらロールシャッハテストのような面白いものになった。これが何に見えるかと言われれば...やはり蝶としか見えないが。青の色合いから♂ではないかと思う。10月21日、新治市民の森にて。
Imgp0118

|

« 手乗りアキアカネ@鶴見川土手 | トップページ | The Cold Moon by Jeffery Deaver »

ジョギング」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

チョウ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手乗りアキアカネ@鶴見川土手 | トップページ | The Cold Moon by Jeffery Deaver »