« ニューヨーク大聖堂 ネルソン・デミル著 | トップページ | むかごご飯 »

2007.11.12

ドングリを植えよう

Imgs0838 Imgs0712  Imgs0722 Imgs0731
今はドングリのシーズンである。ドングリを拾ってきて自分で育ててみよう。新治市民の森にはコナラやクヌギのドングリがたくさん落ちているがどれでもいいというわけではない。できれば根を出しているものを選びたい。森にはたくさんのドングリが落ちているがどう考えてもそこでは大きく育つ見込みの無いドングリを拾うことにしている。例えば山道のど真ん中とか。湿った場所でドングリを見つけたら、地面に根を突き刺しているものを探す。そっと引っ張って抜けなければ諦める。つつっと抜ければ数センチ程度の白い根が出てくるはず。こういう活性の高いドングリを集めよう。ビニール袋にそのあたりの土をいれて、根を乾燥させないように土で保護するようにして大事に持ち帰ろう。こうして持ち帰ったドングリは牛乳パックを利用して植付ける。牛乳パックは洗って乾かし、底に二箇所ほどカッターで水抜き用の穴を空ける。パックの底に大き目の赤玉土などをいれ、適当な土を積む。そして上半分には腐葉土あるいは黒土をパックの口まで入れる。パックを床にとんとんして落ち着かせる。指で細い穴を開け、ドングリの根をいためないように穴に入れ、周りの土を寄せて根の回りをぎゅっとする。土を少しかけたりしてドングリの高さを調整する。根の出所がちょうど地面になるようにする。パック内のすべての土が十分湿るまで水をじょぼじょぼやり、底の穴から水が出なくなるまで水を切る。これで出来上がり。あとは一週間に一度ぐらい水遣りをすれば冬の間に根がしっかり張り、春には芽が出てくるはずである。ベランダでコナラを育ててみよう。さぁ、近所の公園に出かけてドングリを探してみませんか。

|

« ニューヨーク大聖堂 ネルソン・デミル著 | トップページ | むかごご飯 »

ベランダ園芸」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニューヨーク大聖堂 ネルソン・デミル著 | トップページ | むかごご飯 »