« 紅葉@四季の森公園 | トップページ | クサギカメムシ@四季の森公園 »

2007.11.27

キボシカミキリ@四季の森公園

Imgs1527
日曜日の四季の森公園でいつもの竹柵を見ていったらアオマツムシの死骸をふたつほど見つけた。いずれも見た目は生きているかのようだったが持ち上げると乾燥して軽くなっていた。ミイラ状態とでもいおうか。で、少し期待していたオオタコゾウムシは見つからなかった。そして、なんとキボシカミキリがいたのである。しかも生きていた。ただ自慢の黄星が白っぽくなっていて余命いくばくかという感じで動きは鈍かった。しかし本当に触角が長いのでトリミングしづらい昆虫である。11月25日、四季の森公園

|

« 紅葉@四季の森公園 | トップページ | クサギカメムシ@四季の森公園 »

カミキリ」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさん、こんばんは。
竹柵が昆虫スポットだったとは知りませんでした。
もうすぐ師走のこの季節に、まだまだ頑張って生きているんですねぇ。
今度から竹柵も気をつけて見てみようと思います。

投稿: 小鉄 | 2007.11.28 20:38

小鉄さんこんばんは。秘密にしときたかったんですが成り行きでばれました。自分が四季の森公園に行くときはいつも竹柵をひとつずつ見て歩きます。というだけでどういうコースだか分かる人にはわかってしまいますが(笑)。あまり熱心に柵だけを見ていると人に怪しまれるのでいろいろと気を使いながら誤魔化したりしています。目的の昆虫の食草にまっしぐらで行ってビーティングなどするのが一番効率のいい昆虫の見つけ方なんだと思いますがルッキングだけの場合竹柵はいいポイントではないかと思っています。

投稿: はるきょん | 2007.11.28 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉@四季の森公園 | トップページ | クサギカメムシ@四季の森公園 »