« エサキモンキツノカメムシ@四季の森公園 | トップページ | ウシカメムシ幼虫@四季の森公園 »

2007.11.05

コナラシギゾウムシの顔@四季の森公園

Imgs0645 Imgs0655
以前にも紹介したが、何度見ても興味を引かれるコナラシギゾウムシ。ほぼ正面から撮れたのでその顔の面白さに気づいた。小さく丸い顔。眼が小さくまん丸い。そして長い口。とっても奇妙で面白い顔としか言いようが無い。ほとんど知性があることを感じさせない無機的な顔である。顔にまったく可動部がないので表情もないし。コナラのドングリはこの時期ほぼ無尽蔵にあり、このゾウムシはいくつのドングリに穴を空けて卵を産みこんだのだろうか。あそうそう、うちのベランダに少なくとも3頭のゾウムシの幼虫が土の中に眠っている(家族には秘密であるが)。クヌギのドングリから出てきたのだが名前は不明。この幼虫には脚が無くいわゆるC型。どちらが前かは一目瞭然。歯だけはあってドングリ内部を喰らってここまで大きく育ったもの。ある程度育ったら殻に穴を開けて外に這い出してきて地面にもぐる。冬の間何も食べないのか?あるいはさなぎとなるのか?は不明だが、うまくすれば来春成虫となった姿を見られるかもしれない。11月4日、四季の森公園
Imgs0313

|

« エサキモンキツノカメムシ@四季の森公園 | トップページ | ウシカメムシ幼虫@四季の森公園 »

ゾウムシ」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

幼虫」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

プププッ!!
ヒミツで幼虫飼っているはるきょんさん
奥さまに見つかったら大変ですよ~(笑)。

余談ですけど、ウチの田舎の方言で
カブトムシなどの甲虫類の幼虫を
「ゴイゴイ」って言ってました。
この写真見ていきなり思い出しちゃった(笑)。

投稿: bikki | 2007.11.07 10:47

秘密は秘密にしとかないと大変です(笑)。実はこのドングリ、先人の智恵にしたがって採ってきて丸3日、水につけこんで虫を殺したつもりでした。ところがそのドングリから白い小さなうじ虫が出て来たのでした。たぶん、とっても小さな幼虫の時点だったので3日の水没の刑を生き延びたものと思われます。必要な空気の量が最小だったのだと。虐殺を生き延びたゴイゴイ君には逆に多少の敬意を払っております。だから家族にはヒ・ミ・ツ(笑)。

投稿: はるきょん | 2007.11.07 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エサキモンキツノカメムシ@四季の森公園 | トップページ | ウシカメムシ幼虫@四季の森公園 »