« 祝!ジェフリーディーバー | トップページ | キボシカミキリ白斑型@四季の森公園 »

2007.12.11

クヌギから雨が降る@新治市民の森

Imgs2001 Imgs2002 Imgs2011
昨年の秋にも同じことを書いたと思うが、土曜日の新治市民の森でまた不思議な体験をした。コナラやクヌギの林で樹の根本に座って野鳥などをゆっくりと観察していた時のこと。快晴の空から雨が落ちてきたのだ。おや?と思った。雨にしてはあまりにもぽつりぽつりと間隔が異様に長く、だいたい自分の周りだけしか降っていない。と思ったらすぐに止んだ。上を見上げるとクヌギコナラがあった。コナラは茶色に紅葉した葉をまだいっぱいつけていた。クヌギは既に落葉しており、一枚も葉がなかった。しばらくするとときおりぱらっぱらっと水滴が落ちてくる。何か証拠をと思って取ったのが上の写真。指についた水滴は舐めてみたがなんの味もしなかった。昨年見た光景では樹の上からもっと大量にばらばらと継続的に水滴が落ちていた。位置的にはクヌギが怪しい。落葉直後に枝先から?水滴を落とすという現象が知られているのか?ネットで調べてみたが見つけられなかった。いったいこの現象はなんなんだろう????樹の上に何かがいたわけでは決してない。12月8日、新治市民の森。

|

« 祝!ジェフリーディーバー | トップページ | キボシカミキリ白斑型@四季の森公園 »

新治市民の森」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祝!ジェフリーディーバー | トップページ | キボシカミキリ白斑型@四季の森公園 »