« 東京都のエサやり防止キャンペーン | トップページ | サザンカ園芸種 »

2007.12.22

長崎じげ辞典

Imgs2412
年末の忙しさで気が狂いそうな一週間だった。今日は寒く、小雨も降っているので昼からまったりしている。午前中ちょっとひと走りした後、本棚の整理などしていたら面白い本が出てきた。長崎じげ辞典。「じげ」とは地元のことらしく長崎の方言を集めておもしろく紹介した本である。妻が長崎の出なので、以前から何度もそれどういう意味?と訝った経験があり、本棚の整理は何処へやら、つらつら眺めているうちに吹きだしてしまった。博多出身の自分にとってもかなり違和感のある方言のうち、一番はやはり「~せんば」かな。「ほらぁ、早よせんば乗り遅るっぞ」などと言う。標準語では「ほら、早くしないと乗り遅れるぞ」となる。だから「せんば」は「しなければ」に該当する。自分の父親が長崎育ちだったこともあり自分の博多弁には長崎弁も混じっているような気もしている。が、やはり共通点も多く、例えば「がられる」は子供がよく使う言葉で「叱られる」「怒られる」。中学生が「買い食いば見つかってしぇんしぇい(先生)にがられたぁ」などと使う。「とごえる」は「のぼせる」などな~んか懐かしいひとときだった(笑)。ちなみにこの本は1993年7月16日発行。企画・製作/有限会社ザ・ながさき ISBNなし たぶん絶版だろう。

コース:常盤台公園往復、距離:12km、タイム:58’40”、平均心拍数:171、最高心拍数:193、平均ピッチ:176、ラン後体重:○4.0kg、12月走行距離:75km。坂の多いコースなのですっごくきつかった。
Imgs20262
おまけは以前紹介したトビナナフシの顔。頭部は丸く、胸部が長い。翅は胸部の腹部側から出ている。眼の前から出ている触角が二本すぼまっているのがナナフシらしい感じがするが、あまり意味をなしていないような気もするが。四季の森公園にて。

|

« 東京都のエサやり防止キャンペーン | トップページ | サザンカ園芸種 »

四季の森公園」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~、

ウチの夫婦も東北地方の隣りあう県の出身なんですが
アクセントから何から何まで???の世界です。
舅・姑の話す言葉は一瞬わかったつもりで聞いていても
長話になってくると理解不能でした(笑)。

「~ば」の使い方は長崎特有なんですか?佐賀なども含めて、北九州全体の言い回しかと思っていました。

それと北九州の発音は、どうして「さ、し、す、せ、そ」が
「しゃ、しぃ、しゅ、しぇ、しょ」になってしまうのでしょうね(笑)

武田鉄也の「僕は泣きましぇ~ん」とか
この前のはるきょんさんの「bikkiしゃん」とかネ(笑)

投稿: bikki | 2007.12.22 22:38

はじめまして、ケンと申します。
実は、カイコの幼虫をタブレットにした「食品」があるのですが、カバンの中に長い間(一ヶ月以上)放置していたところ、カイコ粉末を食べている(?)幼虫が出てきました。
シルク繋がりで「ヒメマルカツオブシムシ」かな?と思ったのですが、色が違うようで・・・
動物性のタンパク質を食べる幼虫で、室内に出現する可能性のある虫を色々と探してみましたがわかりません。
色は鮮やかな黄色で同じ色の毛というかトゲトゲのある、ずんぐりむっくりな幼虫です。
もしよろしければ、メールにて写真を2枚送信したいと存じます。迷惑でなければ一度見てもらえないでしょうか?

投稿: ケン | 2007.12.23 16:33

ケンさん、こんばんは。お尋ねの件ですが、専門のサイト「幼虫図鑑」をお勧めします。トップページの右側にある画像掲示板をご利用ください。たくさんの質問と回答がずら~~~~っと並んでいます。写真を掲載すればすぐに回答がつきますよ。自分も何度も利用させてもらっていますので、お勧めです。http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/index.html
しかし、カバンから幼虫が出てきたらちょっとショックですねぇ。

投稿: はるきょん | 2007.12.23 21:24

bikkiさんこんばんは。「ば」ですが、ちょっと考えました。九州共通の「ば」はたぶん、目的の助詞「~を」の代わりの「~ば」と思われます。「そこん醤油ば取ってやりぃ」などと使います。で長崎弁特有と思うのが、別の「ば」で、これは「しなければ」の「ば」です。長崎では「せんば」ですが博多では「せな」となります。「早ようせな間に合わんばい!」が長崎弁では「早ようせんば間に合わんばい!」となります。「さしすせそ」が「しゃしぃしゅしぇしょ」になる人はみんなではなくクラスに何人かは居るという程度でしょうか。だから「しぇんしぇ~」とクラスメイトが言っても別に不思議ではありませんでした。方言を真面目に考えると文法を考えることになるんですねぇ(笑)。

投稿: はるきょん | 2007.12.23 21:38

こんばんは♪
この本この本探してたんですよ
こんなところにあった~?!
買って持ってたんですけどどこにいったのやら
探さんばー

松田聖子さんが九州人のせの発音は濁ってる
と言ってました
タモリさんも九州人は話すとわかると言ってたし
陣内さん(俳優でミュージシャン)も言ってました
みんな福岡出身で「しぇ」がキーワードです
はるきょんさんはそんな経験ありましぇんか

投稿: エフ | 2007.12.23 22:57

エフさんこんばんは。長崎じげ辞典、面白いですねぇ。博多弁と共通点もたくさんあります。しぇからしか!とかしゃあらしい!とか。博多弁で怖いことをえずいというのですが、長崎弁では「えすい」となっていてちょっと違います。自分も親兄弟も「しぇんしぇい」などとなまってはいませんが、親族の中にはそういう人もいますねぇ。このじげ辞典、ちょっと若者、特に男の子言葉に偏っているような気もするので現役長崎人に評価してもらいたいのでエフさん、じぇひとんひとつどげんかして探し出してつかーさい。

投稿: はるきょん | 2007.12.24 21:08

ありがとうございました。「幼虫図鑑」で尋ねてみます。

投稿: ケン | 2007.12.25 14:03

ケンさん、見ましたよ。小さそうですね。何ミリぐらいかとか、脚の数などの情報があればより手がかりになると思います。が、まぁあそこのサイトは凄い人たちがいるようなのですぐに回答がつくのではないかと思いますよ。ちなみに縮小画像見ました?ちょっと勇気がいりますが(笑)。

投稿: はるきょん | 2007.12.25 22:34

ケンさん。回答がなかなかつきませんねぇ。これもしかしてタブレットの中から出てきたのではないでしょうか?つまりカイコではないでしょうか。カイコの幼虫の画像は大きめのものしか掲載されていなかったのでそれと確認はできませんが。わざわざ外からタブレットに食い入って穴を空けるというのはちょっと考えにくいように思います。もともと中に卵が入っていて、それが孵化して中を食い破って出てきたと思えます。これドングリとゾウムシの関係に似ていますね。

投稿: はるきょん | 2007.12.26 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京都のエサやり防止キャンペーン | トップページ | サザンカ園芸種 »