« シドモア桜の紅葉@鶴見川土手 | トップページ | コナラどんぐりの虫食い状況 »

2007.12.03

コナラシギゾウムシの雌雄@四季の森公園

Imgs1682 Imgs1685 Imgs1711 Imgs1721
今、鴨居人道橋上ではテレビドラマの撮影が行われている。以前紹介したあれである。えーっとドリーム☆アゲイン反町隆史のあれだ。駅前の駐車場にでかい撮影用車両が止まっていた。たぶん最終回かなにかの撮影と思われる。ふたたび雷に打たれるとか......
さて先日の土曜日のこと、いつものように竹柵を見て回っているとなんとコナラシギゾウムシメスがいた。この素敵な虫を見つけるとどうしても撮影したくなる。何度もなんども同じような写真を撮っているのに。ひとしきり撮影してから葦原脇を歩いているとき、道端の草の先端に口の短いゾウムシを発見し、また撮影した。こちらはコナラシギゾウムシのオスではないだろうか。口がぜんぜん短く先の個体の半分ぐらいしかないようだ。口以外の部分は大きさも模様もよく似ている。メスはドングリに深い穴を開け、長い産卵管でなるべく奥のほうに卵を産みつけるため口も長いのだそうだ。こいつらの子孫の一部が我がベランダの中で春を待っている。日曜日は12月にもかかわらず暖かかったため見ることが出来たのだろう。オスはこの後、我が左手でしばし時を過ごしたあといきなりブーンと飛び立っていった。12月1日、四季の森公園

|

« シドモア桜の紅葉@鶴見川土手 | トップページ | コナラどんぐりの虫食い状況 »

ゾウムシ」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

これはやみつきになりそうな姿ですね!自分も竹柵チェックをしてみましたけど空振りでした。
道の端に彼らがいるのを見つけるなんて、はるきょんさんは目が良いですね。それとも、怪しいほどに観察しているとか(笑)

投稿: 小鉄 | 2007.12.04 20:56

竹柵は振られてなんぼ。何十本と見ていって一頭でも見つかればいいほうです。ゆっくりめに歩きながら竹柵の先端に怪しいほどに目を凝らしていくわけですな。怪しまれないように気をつけながら(笑)。体調は復活しましたか?

投稿: はるきょん | 2007.12.04 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シドモア桜の紅葉@鶴見川土手 | トップページ | コナラどんぐりの虫食い状況 »