« ハシブトガラス@四季の森公園 | トップページ | コナラシギゾウムシの雌雄@四季の森公園 »

2007.12.02

シドモア桜の紅葉@鶴見川土手

Imgs1884
昨日に引き続き今日も天気がよく暖かくなるという。昨日走れなかったので今日は午後走ることにして、午前中に黒王号で近所の紅葉の進み具合を見に行った。まずは鶴見川土手のシドモア桜。鴨居駅北側の鶴見川土手右岸を少し下ったあたりに約1kmにわたって等間隔に植えられたシドモア桜。昔、日本からアメリカに送られてワシントンかどこかで育った桜が里帰りしたのがシドモア桜だという。ま、出戻り的存在というか。ご覧のような状況で綺麗に紅葉していた。桜並木があると散歩するのもお洒落な気分になるからか、いつになく散歩人が多いようだった。黒王号は鴨居人道橋に戻り、鶴見川を渡って東方町の山崎製パン工場裏の江川せせらぎ緑道へ向う。ここの桜並木は春、紹介したと思う。下水処理場から流される処理水を利用したせせらぎを真ん中に、両側に桜並木が続く。たいした水量ではないのだが大型のコイがうじゃうじゃいてびっくりした。一頭だけ白地に赤黒の模様を持つ綺麗なコイが混じっていた。ここの紅葉もなかなかの光景である。

Imgs1906
昼は福岡国際マラソンを見ながら食事をし、ふるさとの光景に目を凝らしていた。平和台の競技場、六本松の校舎、博多駅前の大通り、呉服町、箱崎宮、箱崎校舎の運動場、名島橋、香椎の町並み、高等裁判所前の池。いいところでCMが入って見逃した箇所も多いが、ふるさとの町並みに触れられた気がしてちょっと懐かしかった。何年帰っていないのだろうか。勝負はラストまでキロ3分ちょうどの素晴らしいペースで進み、ワンジルが新記録で優勝した。佐藤敦之も最後まで粘り3位。北京行きをほぼ決めた。おめでとう。
さて、その後は自分の番。走り始めが遅くなったのでハーフの時間はないので15kmぐらいにしとこう。ゆるめの気持ちで走り出したのだがシューズの履き心地があまりにもピッタリなせいか、キロ5分程度になってしまう。ペースを落とそうとしたがなかなか落ちず、仕方なくそのままのペースで行くことにする。世界のトップ選手にとってのキロ3分が自分にとってはキロ5分だとか思いながら走る。亀甲橋の5km地点で26’07”。新羽橋先で折り返し、亀甲橋10km地点で50’18”。だんだんペースが上がりキロ5分を切る。西に沈みつつある太陽を追っかけるように走り、ゴール地点15kmで74’15”。鴨居人道橋はららぽーと帰りの人でいっぱいの中、ティッシュ配りなどもいて走りにくかった。
コース:新羽橋往復、距離:15km、タイム:1:14’15”、平均心拍数:165、最高心拍数:181、平均ピッチ:172、ラン後体重:○3.9kg、12月走行距離:15km。

|

« ハシブトガラス@四季の森公園 | トップページ | コナラシギゾウムシの雌雄@四季の森公園 »

ランニング」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

福岡国際マラソン・・・・師走の始まりを感じますね。
箱崎・香椎・・・・思いきり反応します(笑)。
前の会社の支社や倉庫がありました。
営業にかかってくる電話を取り次ぐ時の博多弁が懐かしいです・・・・。
千鳥橋っていう橋なかったですか?

シドモア桜、たぶん姉妹の株なんでしょうが、
ウチの近所の公園にもあります。
紅葉といえば楓、ですけれど、
桜の紅葉もなかなかなものですよね~。

投稿: bikki | 2007.12.02 21:45

千鳥橋ちゆうたら、あーた、我が母校F高の近くですたい。懐かしかぁ。しっかし、よう知っとんしゃあねぇbikkiしゃん(笑)。

投稿: はるきょん | 2007.12.03 23:12

キャ~、はるきょんさんの博多弁・・・・「bikkiしゃん」にウケまくり!

支社に社内文書送るときの宛名書きで、もう骨の髄までしみ込んだ地名ですたい!

千鳥橋は、チューリップの隠れた名曲「千鳥橋渋滞」で知っとったんよ~(笑)。

投稿: bikki | 2007.12.04 21:54

里帰りは夏ばかりだったので冬の福岡は本当にいつだったかも思い出せないぐらいです。こちらも寒くなってきたし水炊き、スープ炊きといった博多の鍋物を食べたいなぁ。あと餃子ね。ちなみに、福岡にいたときにはからし明太って一度も食べたことはありませんでした。あれが博多名物って嘘でしょ?とか思っていました。あと梅が枝餅食べたい(笑)。

投稿: はるきょん | 2007.12.05 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハシブトガラス@四季の森公園 | トップページ | コナラシギゾウムシの雌雄@四季の森公園 »