« カシワ@都築中央公園 | トップページ | 東京都のエサやり防止キャンペーン »

2007.12.20

落葉をみて歩く@鴨居原市民の森

Imgs2230 Imgs2244   
夏の間は森は葉が生い茂っていて樹の観察がなかなか難しい。冬になってしまうと落葉樹の葉がなくなってしまうのでこれまた樹皮や冬芽でしか識別できなくなる。いま落葉直後であれば下を見れば葉もわかるのでなかなかよい時期であると思う。鴨居原市民の森では意図的に落葉観察をした。一枚目の写真では長いクヌギの葉が目立つ。小さな葉はコナラが主。どちらも裏と表の色合いが違う。二枚目はミズキであろう。丸っこい葉で長い葉柄が赤い。表面は黄色っぽく裏側は白っぽい。三枚目はケヤキが主体。非常に特徴的な鋸歯である。ちなみにあらゆる葉の中でケヤキの鋸歯の曲線パターンが一番好きである。ほっそりしたスマートな葉から太目の葉までバリエーションがある。緑色の葉が何枚かあるがこれはエノキ。緑なのに落葉しているのは何故だろうか。四枚目はイロハモミジが主体。落ちた直後の葉にはまだ赤や黄色あるいは緑の色素が残っているがだんだん色褪せてくる。ケヤキが少し混じっている。赤いものはヤブツバキの花弁であるかと思ったが花弁が一枚づつ落ちているのでサザンカと思われるので訂正する。図鑑では四国・九州に分布とあるが横浜でも分布しているのだなぁ。いずれも下を見て歩き葉を識別し、種類が変わるたびに上を見上げるとその樹がたしかにあり(当たり前だが)樹皮なども含めて確認できた。この日は双眼鏡を持っていかなかったので野鳥も声だけで判断した。たまにはこういう自然観察も面白い。12月15日、鴨居原市民の森

Imgs2251

Imgs2257

|

« カシワ@都築中央公園 | トップページ | 東京都のエサやり防止キャンペーン »

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鴨居原市民の森」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
落ち葉がふかふかですね
よく乾燥してるみたい
この葉っぱがお金に変身したら大金持ちだ~
お金に変身しなくてもなんか豊かな感じ
都会では落ち葉はゴミになるようなので
この森ではこのまま虫の棲家や
また土に戻ると思うと嬉しいです
赤い花びらはサザンカかも
ちょっといっしょに落ち葉観察した気分

投稿: エフ | 2007.12.21 17:34

エフさん、こんばんは。花弁が一枚づつ落ちているのでサザンカですねぇ。ご指摘ありがとうございました(笑)。落葉がお札に見えるというのはいいですねぇ。ホオノキぐらい大きいのは1万円、クヌギぐらい長いのは5千円、イロハモミジは50円とか...子供が小さい頃、マンションのサクラの落葉を拾い集めては一番大きいのを競ったりしたのを思い出しました。長いけど細いとか、大きいけど穴が開いているとか、小さいけど色が綺麗だとかいろいろ言い合って比べて遊んでいました。子供と(笑)。

投稿: はるきょん | 2007.12.21 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カシワ@都築中央公園 | トップページ | 東京都のエサやり防止キャンペーン »