« 妙な電光掲示板@菊名 | トップページ | スギの雄花@新治市民の森 »

2008.01.12

一殻性双生樹

今日は朝から雨が降り出し、いわゆる冷たい雨の一日となった。少々の雨なら走ろうかとも思ったが、そこまで気力充実とは言えず、ランは断念した。自然観察にもいけずもったいない休日となってしまった。サッカーも無いし(ラグビー早慶戦はやっているが)なんか時間がもったいない。平日に雨が降ってもいいけど土日は晴れて欲しいなぁ、頼むよ。orz。
自分は、母校の高校のラグビー部のカラーである早稲田を応援し、妻は慶應を応援している。早稲田が勝ちそうだが。
Imgs2747 Imgs2750 Imgs2751
秋に新治市民の森で拾ってきてベランダに植えていたコナラドングリは比較的順調に育っている。というかしっかりと根をはって、冬を越せる体制を整えている。現状の標準的な姿は次のようなものである。根をすっかり伸ばしその隙間から芽が見えていて、殻が少し割れている。気の早いものは芽を伸ばしているものもある。さて、その中で珍しいものを見つけた(というかだいぶ前から気づいていたのだが)。判りにくいが、よく見て欲しいのは、根が二本出ていること。ひとつのドングリから根が二本でるということはいわゆる「ふたご」に該当すると思われる。ドングリの中はふたつに分かれていると思うので結局これは二株ということになる。一卵性双生児ならぬ一殻性双生樹とでも言おうか。今後どういう風に育っていくのか注目して行きたい。

|

« 妙な電光掲示板@菊名 | トップページ | スギの雄花@新治市民の森 »

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妙な電光掲示板@菊名 | トップページ | スギの雄花@新治市民の森 »