« 一殻性双生樹 | トップページ | 雪の箱根越えの思い出 »

2008.01.13

スギの雄花@新治市民の森

Imgs2802
今日もとても寒く外に出る気がしない。しかしせっかくの大切な休日を二日も家の中で無駄に過ごしてはならじ。ユニクロのヒートテックプラスとか言う新兵器を着込む。むかし股引と言っていたヤツに該当すると思われる(笑)。その超絶的な格好悪さ!!!絶妙の暖かさ!!!何だこれは!こんなあったかいものがあったのか。これにハクキンカイロで万全じゃないだろうか。
黒王号を駆って新治市民の森へ直行。寒いが、ヒートテックプラス軍手ゴアテックスハクキンカイロのおかげで凍えることなく無事到着。汗をかいた後も冷たくならずゴアの威力を感じる。大正池(仮称)では常連さんがずらりと並んでいた。ちょうどノスリが上空を飛んだ。カシラダカ、メジロ、ヤマガラ、シジュウカラ、コゲラ、ウグイス、アオジ、ハシブトガラスなどを観察した。カワセミは見られず。小一時間で新治は後にして四季の森に移動。竹柵検索をおこなうがさすがに日も差さないため甲虫は発見できず。池のカルガモは13羽いて、エサやりが始まるとばたばたと集まっていた。バリケン1、アヒル2。他にはこれといったものはなし。
午後はランである。昨日走れなかったので長めに走りたい。ただ寒風吹きすさぶ鶴見川の土手はウィンドブレーカを着ていくことにする。今シーズン初めてである。北風が強く、走りづらい。キロ5分15秒ぐらいで入り、徐々にペースを上げていった。綱島の新幹線橋脚先の折り返し地点で52’11”。復路はやや追い風になったためさらにペースをあげる。キロ5分を切るスピードとなる。ウィンドブレーカのジッパーをあげたり下げたり、中のウェアのジッパーもあれこれ忙しく調整しながら快適さを保つ。これまでウィンドブレーカを着ると中が蒸れて不快な事が多かったのだが、今日はなんとか調整できていて気持ち悪さは無い。最後はキロ4分45秒程度で走り終えた。復路(約10.5km)は49’32”だった。
シャワー後の体重が異様に低く、何度も測りなおしたが、計測ミスではない。夏以降の体重を並べて見ると(意図したものでないが)かなりのダイエットの記録になっているような気がする(笑)。かなりきつかったがまぁいいタイムで走れたので良しとしたい。本番ではキロ30秒ほど遅いタイムでいい。キロ5分25秒程度で30kmぐらい走り、後はキロ6分以内で走れればよいという計画である。アミノバリューは効果があるような気がする。東京マラソン08本番まであと35日。
コース:新幹線橋脚往復、距離:21.1km、タイム:1:41’43”、平均心拍数:166、最高心拍数:186、平均ピッチ:175、ラン後体重:○2.6kg、1月走行距離:52km。
Imgs2807 写真は新治市民の森のスギ。雄花が膨らみ始めていた。やっと手の届く範囲で撮れたもの。上の方はもっと赤くなっているものがあった。そろそろ花粉を飛ばしはじめるのだなぁ。1月13日。

|

« 一殻性双生樹 | トップページ | 雪の箱根越えの思い出 »

ランニング」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一殻性双生樹 | トップページ | 雪の箱根越えの思い出 »