« ウシカメムシとクロスジホソサジヨコバイ@四季の森公園 | トップページ | エナガ@一本橋メダカひろば »

2008.03.15

アズマヒキガエル@新治市民の森

Imgs43692 Imgs4387 Imgs4369
今日は朝から暖かく、期待をもって新治市民の森に行ってみた。一番の収穫はアズマヒキガエル。ちょろちょろと流れる水の中でホオノキの落ち葉の下に少し見えているのを見つけた。目が金色に光っていた。体長は10cmぐらい。茶褐色の体色からメスではないかと思う。わき腹に白黒の目立つ模様があった。ときおり水底に潜り枯葉をかぶったりして隠れようとしていた。鼻の穴があったので水面では肺呼吸するのだろうが、水中では皮膚呼吸できるためいつまでも潜っていられるわけだ。しばし観察できた。大正池(仮称)近くの池では「コッコッコッコ」というニワトリのような声を聞いたがアズマヒキガエルの声だったのかもしれない。この後四季の森公園に行き、アズマヒキガエルの卵塊と思われるものを見つけた。長くひも状の卵だった。いま、繁殖期真っ只中である。3月15日、新治市民の森、四季の森公園。
Imgs4467
午後は久しぶりに走った。東京マラソンで左ふくらはぎに肉離れをしでかし、その後十分治ったと思った3月1日にふたたび同じ箇所を肉離れしてしまってから二週間我慢した。というわけで飢えていた。しかし久しぶりのためゆっくりを心がけて走った。口呼吸を封印し鼻だけで呼吸するよう鼻リミッターを効かせた。キロ6分程度となったがそれにしても異様に心拍数が高く出る。しばらく休んでいたため、筋肉や心肺機能が落ちているものと思われる。鶴見川を見ながらツバメを探したがなかなか見つからない。ツバメの初認は早いところでは2月末だが、これは極少数。圧倒的多数は3月末から4月はじめあたりとなる。暖かい。半袖Tシャツでよかったほどだ。額の汗が心地良い。ふくらはぎは問題ないようだ。暖かい風の中を走るのが気持ちよい。亀甲橋で折り返す。土手のヤナギが緑に芽吹いている。マスクをして走っているランナーがいた。スギ花粉もだいぶ舞っているのだろうがザジテン内服薬フルメトロン点眼薬のおかげかあまり症状が出ていない。今日は10kmをゆるゆる走っておいて、明日はやや長く走ろうかなぁ。帰路はやや追い風となった。順調に走っていたが、なんと9.5km地点で例の左ふくらはぎに小さな痛みが走った。おお!なんということだ。もう少しだというのに。最後はさらにゆるゆると走ってゴールした。明日はまた走れなくなった。ツバメもみつからなかったし。がっくしだ。
コース:亀甲橋往復、距離:10km、タイム:59’21”、平均心拍数:150、最高心拍数:167、平均ピッチ:165、ラン後体重:○4.0kg

|

« ウシカメムシとクロスジホソサジヨコバイ@四季の森公園 | トップページ | エナガ@一本橋メダカひろば »

★特選記事★」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

両生類」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
先日は、アズマヒキガエルについて ご教示頂きまして
ありがとうございました。
この写真を拝見して、よく分かりました。同じですね!

ところで、新治市民の森・・・・茨城県の新治村は
何時の間に市に昇格したのかと驚きましたが、
横浜市内にあったのですね(笑)。

投稿: y_stork | 2008.03.16 15:59

ようこそy_storkさん。毎日、三浦海岸見せてもらってますよ。今日は新治でアズマヒキガエルの蛙合戦を見てきました。うじゃうじゃいて大変でした(笑)。そちらでも同じ光景が見られるんではないでしょうか。

投稿: はるきょん | 2008.03.16 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウシカメムシとクロスジホソサジヨコバイ@四季の森公園 | トップページ | エナガ@一本橋メダカひろば »