« ビロードツリアブ@新治市民の森 | トップページ | スミレの柱頭と側弁基部の毛 »

2008.04.02

MORE TWISTED by JEFFERY DEAVER

J2で昨年度の得点王となったヴェルディのフッキが、川崎に復帰したのに、起用法に納得がいかないということで退団し、なんと元さやのヴェルディに復帰したという。あっちへ行ったりこっちへ戻ったり、フッキしまくりでまったくなんというヤツか。

Imgs3151_3 ジェフリーディーバーペーパーバックを先週読み終えた。これはTWISTEDに続く2冊目の短編集である。18作品が515ページに詰め込まれている。短編らしく読者を裏切ろうという試みに満ちた作品である。中に一作だけリンカーンライムシリーズの短編があった。AFRAIDという作品とAFTERWORD TO ”AFRAID”という解説?では恐怖というものの作り出し方を具体的に解説してくれている。筆者本人による解説が同じ本に掲載されるというのは珍しい。さて、一般に日本の製品はアメリカの製品に比べて細やかで気が利いていて質が高いという印象がある。本も同様で、質の高い紙を使い、細部に至るまで精密なつくりをしている。ところが最近ペーパーバックを読んでいて、意外にアメリカ製ペーパーバックもなかなか凝ったつくりをしている例が多いのに気づいてきた。このMORE TWISTEDでは表紙が水に強そうなプラスティック製ではないかと思われるような感触をしている。さらに文字や模様が押し型で浮き出るようになっている。裏表紙に筆者のスナップとPEOPLE誌に掲載された批評(推薦)記事が載る。表紙も凝ったデザインですばらしい。文庫本はカバーを外すとすっぽんぽんの素っ裸になるが、ペーパーバックは素肌に素敵な化粧をしているという感じである。どのペーパーバックも工夫を凝らしているがこの本は一番おしゃれな感じがした。
評価:☆☆☆☆
MORE TWISTED by JEFFERY DEAVER
ISBN-13:978-1-4165-4128-8
$7.99US

この次に今は同じ作者によるHARD NEWSを読んでいる。こちらは若い女性RUNEが主人公のシリーズで、前回はTHE DEATH OF A BLUE MOVIE STAR(たしか)を読んだ。最近JEFFERY DEAVERを制覇する勢いである。

|

« ビロードツリアブ@新治市民の森 | トップページ | スミレの柱頭と側弁基部の毛 »

読書」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

ペーパーバック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビロードツリアブ@新治市民の森 | トップページ | スミレの柱頭と側弁基部の毛 »