« クロモジ@新治市民の森 | トップページ | ヒトリシズカとヤブレガサ@四季の森公園 »

2008.04.05

フジの実@新治市民の森

今日は片付け物をして午前中を過ごし、午後は買出し。あとは近所をちょっと散歩しただけで自然観察はほとんどできなかった。サクラが盛りを過ぎ、ケヤキの新葉が青々と広がり始め、ドウダンツツジの花が咲き始め、レンギョウの花も盛りを過ぎ、新葉が伸びて花を隠し始め、川面をツバメがスイスイ飛び回る姿がよく見られるようになった。春はあっという間に来てしまう。鶴見川水際のヤナギ類が気になってしようがない。微妙な樹が多く、種名が分からない。スミレもそうだがなかなか難しい。
Imgs5034 Imgs4932 Imgs5147 Imgs5150
新治民の森の山道で不思議な種を何度も拾った。直径1cmぐらいの丸型で平たい。柿の種のような色。いろいろ調べてフジの種だということは分かった。さて、先々週、ミヤマセセリを探しているときに不思議なものを発見した。大き目のサヤエンドウのようなこれ。15cmぐらいの長さで淡褐色のさや。これが何かは分からず、帰宅後に図鑑で調べてフジの豆果と分かった。これの中に平たい種が入っているのか!現地では気づかなかったが写真を見るとちゃんとツルが巻いているのが分かる。分からないものAと分からないものBがともに判明し、それらがつながる事が分かるとすごく嬉しい。いわゆるアハ体験である。3月29日、新治市民の森。

|

« クロモジ@新治市民の森 | トップページ | ヒトリシズカとヤブレガサ@四季の森公園 »

新治市民の森」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クロモジ@新治市民の森 | トップページ | ヒトリシズカとヤブレガサ@四季の森公園 »