« シオヤトンボ@新治市民の森 | トップページ | アカハラゴマダラヒトリ@新治市民の森 »

2008.04.27

ヨツモンクロツツハムシ@四季の森公園

Imgs7216 Imgs7217
午前中に買出しに行き、昼から天気が回復したので午後遅くに四季の森に出かけた。池をまたいで大きな鯉のぼりが風にはためいていた。あぁ、もうすぐ端午の節句なのだった。トンボが出てないか気にしたが見つけられなかった。アシ原ではカエルがケロケロとうるさく鳴き交わしていた。何ガエルなのか突きとめたくて肉眼と双眼鏡で相当ねばって探したのだが結局は姿を見ることは出来なかった。いったい何故?水中で鳴いているわけでもないはずなのに姿が見えないとは。ちょっと凹んだ。朝少し気温が低かったので昆虫の出は弱含み。その中でたぶん初見と思われるものがこれ。ヨツモンクロツツハムシ。黒い体に鮮やかな山吹色の斑が四個。甲には縦筋がある。頭部はテラテラと光る。細い触角がやや長い。小さいけれどデザインがはっきりしていて斑の色や数で識別できるのと形的にかわいいのと撮影し易いのでこのあたりのハムシは好きである。
下はクロウリハムシの交尾。当事者たちは雌雄をもちろん識別しているわけだが、人間の眼から見て識別は可能なのだろうか。例えば頭部だけ見てオスメスの判別できるのだろうか....クロウリハムシは卵を土中に産み、幼虫は植物の根を食べるという。成虫になるとウリ科植物の葉を食べるので害虫呼ばわりされているらしい。農家にとってはやっかいものなのだ。
ウワミズザクラの花穂はもう盛りを過ぎ色も褪せますます目立たなくなっていた。ショウブはなんだか今年も元気が無いようだった。大丈夫か?ショウブ園のピンチか?
4月27日、四季の森公園。
Imgs7172 Imgs7176

|

« シオヤトンボ@新治市民の森 | トップページ | アカハラゴマダラヒトリ@新治市民の森 »

ハムシ」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シオヤトンボ@新治市民の森 | トップページ | アカハラゴマダラヒトリ@新治市民の森 »