« アミガサタケとウラシマソウ@四季の森公園 | トップページ | エグリトラカミキリ@四季の森公園 »

2008.04.19

オオカワトンボ♀@新治市民の森

今日は午前中はララポートに買出し。ついでに久しぶりにガソリンを入れた。124円だった。午後から黒王号で鶴見川、恩田川、梅田川をさかのぼって新治市民の森へ行った。今日のテーマはトンボと鳴鳥だ。そろそろトンボが出始める時期だし、オオルリやキビタキがわたってくる頃なのだ。トンボではオツネントンボ、シオヤトンボ。もしかしたらクロスジギンヤンマあたりが見れればラッキーだ。ただ、このところ雨が多く気温が低かったりしたのであまり期待はしていなかった。
Imgs6388 Imgs63962 Imgs64062
水辺のポイントに居座り、肉眼であたりをそっと眺め回す。しばらく待っているとトンボが飛んできた!緑色に輝く細いトンボだ。草の上に降りた。少し後ろに下がり3mの最短焦点距離に身を置き双眼鏡で観察する。おお!今年の初トンボはなんとオオカワトンボだった。翅には真っ白い♀のしるしがある。きらめくようなメタリックグリーンが美しい。しばらく観察してからゆっくりと近づいてみた。トンボから見て自分が近づいているように見えないように、近づくにつれて身を縮めてゆく。ゆっくりゆっくり。1.5mまで近づいたとき、後ろから別のトンボが飛んできて足元にとまった。驚いて動きを止めた。しばしじっとして肉眼で見るとこれもオオカワトンボ♀だ。撮影の対象をこっちに代えよう。トンボから目を外さずに超スローモーションでしゃがむ。そっとデジカメをセットし撮影する。息を止めて。何枚もシャッターを切る。風が強くて、乗った草が大きく揺れる。突風で体の向きが変わった。しばらく撮りまくり、もういいだろうとそっと離れた。今年の初トンボだったがか~な~り~堪能した。だがトンボを目にしたのはこの日これっきりだった。4月19日、新治市民の森。
Imgs6396

★追記 4/27
http://seitaien.exblog.jp/5946038/
を参考にしてカワトンボの識別点をまとめまてみた。

ニホンカワトンボ(旧オオカワトンボ、ヒガシカワトンボ)
1.複眼の幅が胸ほど無い
2.メスの斑紋がやや長い
3.翅先の丸みがやや尖る
4.翅の中ほどに不透明斑がある

アサヒナカワトンボ(旧ニシカワトンボ)
5.複眼の幅が胸と同じ(頭部が大きい)
6.斑紋が小さい
7.翅先が丸い
8.不透明斑が無いか小さい
9.全体に小さい

自分の記事の写真(メス)とエフさんの記事の二枚目のメスの写真を比較してみた。
複眼の幅と胸の幅については自分の写真では胸よりも頭部の幅が広いように見える。エフさんの写真では同じぐらいか。
斑紋については、両者の違いがわからず同じぐらいに見える。
翅先の形状については.....これも同じぐらいに見える。
不透明斑については、自分の写真では見当たらず不明、エフさんの写真では翅のまん中ほどに白く見えるのがそうでしょうか。そうなら「ある」ということになる。
全体の大きさは比較不能。
......全体の印象ではほとんど同じだがあえて言うなら自分の写真の方は比較的胸が細いような気がする。
とするとどちらかというと自分の方がアサヒナっぽく、エフさんの写真の方がニホンっぽい????

外見では見分けられないという説もあるので、この二個体の写真だけでは不明としかいいようがないようだ。今後、またカワトンボを見る機会があったらこの識別点を意識して撮影してみたい。

なお、http://seitaien.exblog.jp/5946038/で紹介されているアサヒナの写真を見ると、やや腹が細いように見える。自分のもエフさんのも腹が太いように見える。

|

« アミガサタケとウラシマソウ@四季の森公園 | トップページ | エグリトラカミキリ@四季の森公園 »

トンボ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。白い斑点がワンポイントで綺麗なトンボですね。自分は未見です。新治はご無沙汰なので行きたくなってきました。
ところで、コメントを読んで大笑いしちゃいました(笑)他にも同様の方がいたので、あの「マスク女」はヒットでした。友人に言わせると「子熊のような後姿」の女性です。道端にしゃがんで観察している様が動物的なんでしょうね、ハハ...

投稿: 小鉄 | 2008.04.20 18:28

たしか昔グレート小鉄というプロレスラーがいたと思いますが、そういう知識が無意識に誤りを導いていたようです。四季の森公園ではときおりこのひとが小鉄さんかなぁと思ったことが何度かありますが、今後は小熊のような後姿の女性に気を付けるようにします。しかし、小熊のようなってどんな姿?(笑)

投稿: はるきょん | 2008.04.20 21:17

おはようございます♪
おお~綺麗なトンボですね
オオカワトンボですか まだ見たことないです
調べてみよう
口元までメタリックグリーンでロボットみたい
もうトンボが飛ぶ季節なんですね
なんだかそわそわしてしまします

投稿: エフ | 2008.04.21 11:24

エフさんこんばんは。トンボの分類は最近いろいろと変わっているようで、オオカワトンボは今は正確にはニホンカワトンボというのがただしいようです。このトンボは複眼がグレーなのでもしかしたら羽化直後だったのかもしれません。もうすぐ連休です。つまりトンボの季節の始まりですよ~。水辺に出かけよう!

投稿: はるきょん | 2008.04.21 20:28

こんばんは♪
とっても詳しく比較してもらってるのでなんだかわかったような
気持ちになってきました♪
実際には物差しを持って捕虫網を持って捕まえて比較しても
わからないような気がします
捕虫網を持ってないし使ったこともないこともないです
次回ニホンカワトンボかアサヒナカワトンボを見かけたら
多角的に写真を撮ることですネ
はるきょんさんのおかげでいつもより深く知ることができます
ありがとうございますだ

投稿: エフ | 2008.04.28 22:42

エフさんこんばんは。今回は少しばかり勉強した気になりました。昆虫の研究は基本的に捕獲して、卵から育てて調べて発展してきたわけで、これに最近はDNA分析などという手法が加わり、ますますルッキングだけの観察では太刀打ちできなくなるような気がします。不透明斑なんて用語初めて知りました。撮影する時にこのトンボには15cmぐらいには近づいたので捕獲しようと思えば容易と思いました。ただ網を持つと人格が変わってしまうような危惧を感じるので、網は持たないと思います。ルッキングを極めたいと思っております。似た種を横浜と長崎で比べるってなんか面白かったぁ(笑)。

投稿: はるきょん | 2008.04.28 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アミガサタケとウラシマソウ@四季の森公園 | トップページ | エグリトラカミキリ@四季の森公園 »