« ヤマシロオニグモ@四季の森公園 | トップページ | クロスジギンヤンマ♂飛翔@新治市民の森 »

2008.06.20

トウキョウダルマガエル@一本橋メダカ広場

Imgp9385
水色土?、黒、灰色、黒、白、、白...これは最近紹介してきた主に昆虫の名前についている色である。うすうす気づいてはいたが、これだけ連続するとは自分でも驚いた。この時期わらわらと成虫化してくる昆虫たちの色合いの豊かさをあらわしているのだろう。というわけで今日もも...といいたいところだが、あっさりと裏切る。イチローではないがたまたまの記録には意味がない、とか言ったりして(笑)。新治市民の森からちょっと離れるが一本橋メダカ広場のせせらぎでこのカエルを見つけた。トウキョウダルマガエルである。関東地方にはトノサマガエルはいない。昨年からトンボを見はじめ、この春からカエルを気にしだしてから水の中の弱肉強食のバランスが気になるようになってきた。トンボの立場からすればカエルも魚も捕食者なのでいない方がいい。一方オタマジャクシや幼魚は逆にヤゴのエサにもなる。また、カワセミから見ると小魚やカエルは素晴らしい御馳走ということになる。トンボもカワセミに食べられるのを見たことがある。ヘビにしてみればカエルは餌だし、しかしオオタカには狙われる。いまやこの登場人物すべてに愛着を感じる自分としては、全体のバランスがとれた状態が保たれることを祈りたい。環境全体を変える力を持つのが人間の活動であり、農薬や土地利用を賢く制御していくことを望みたい。自分としては素晴らしい自然の仲間達の姿を紹介していくことで彼らの存在を強調していければと思う。6月15日、一本橋メダカ広場。
Imgp9387

|

« ヤマシロオニグモ@四季の森公園 | トップページ | クロスジギンヤンマ♂飛翔@新治市民の森 »

両生類」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマシロオニグモ@四季の森公園 | トップページ | クロスジギンヤンマ♂飛翔@新治市民の森 »