« コクワガタ♀@三保市民の森 | トップページ | トラフカミキリ@鶴見川土手 »

2008.07.07

ムラサキシジミ@三保市民の森

昨日ジョギングをしたのだが、ゆるめの強度だったにもかかわらず筋肉痛が始まってきた。27時間後である。今はまだ筋肉に違和感が出始めた段階だが明日の朝には足腰がイタタタァとなるはずである。気をつけよう。
Imgp0697 Imgp0702 
日曜日、三保市民の森に入ったとたんに出迎えてくれたのがこの美しいムラサキシジミ不思議なほど煌めく青を見せて止まってくれた。時折、機敏に翅を閉じるが、すぐにまた開いてくれた。茶褐色の顔が尖っている。上翅の青斑の形によりこれは♀。見れば見るほど、これは紫ではなくて青と感じる。何故にムラサキシジミと命名したのか不明だ。ただ、青よりは紫の方が高貴な印象がする。アオシジミではちょっと物足りない。コンシジミもちょっと変だし(野鳥にコンヒタキという例はある)、ムラサキシジミならしっくりする感じはある(野鳥にはアオサギ、ムラサキサギというのが両方いるなぁ)。7月初旬、三保市民の森。
下はコミスジ。胸が黄色い。複眼がまだら模様である。下翅が両方とも少し破れている。どう見ても上と下の翅がある角度で重なった時に白斑が一体化して見えるような模様になっている。だから図鑑などで展翅された状態を見ると上下いったいの模様がわからないようになっている。上翅の下縁が一直線になるように展翅するのが美しいという博物屋の価値観はあまりに人工的で同意できない。一番下はマメコガネ。三保市民の森入口の駐車場でお得意の股開きポーズを見せてくれた。
Imgp0714_2 Imgp0690

|

« コクワガタ♀@三保市民の森 | トップページ | トラフカミキリ@鶴見川土手 »

コガネムシ」カテゴリの記事

チョウ」カテゴリの記事

三保市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさんこんばんは。去年の10月に三保に行って写真を撮っていたら、近くに住んでいると思われるイヌを連れたおじいさんが『虫も終わりですね』と声をかけてきました。そして今そこでこれを捕まえたとビニール袋に入れたノコギリクワガタを見せてもらいました。
『今年はカブトムシを100匹位捕まえたよ』と言っていましたので話半分でも50匹、来年(今年)は絶対見つけてやると心に誓いました。ちなみにクワガタを捕まえた場所を聞いてあちこち探しましたが見つけられませんでした。

投稿: 虫好き | 2008.07.08 21:34

カブトムシなかなか会えないんですよ。今シーズンまだ見ていません。やはり夕方や夜、あるいは早朝に樹液ポイントにいかないとダメですね。あるいはトラップとか。しかしそのおじさんそんなにたくさんのカブトムシどうしたんでしょうかねぇ(笑)。

投稿: はるきょん | 2008.07.08 21:49

こんばんは、あちこち書き込んですいません。おじさんがブリーダーだったらいいんですけど。カブトムシはカラスに結構食べられているようで、バラバラになった物はよく落ちているのですが、生きているのはなかなか見られませんですね。うちのベランダにもカブトムシの上半身が落ちてました。

投稿: 虫好き | 2008.07.09 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コクワガタ♀@三保市民の森 | トップページ | トラフカミキリ@鶴見川土手 »