« コフキトンボ@新横浜公園 | トップページ | ルリボシヤンマではなくてヤブヤンマ@横浜某所 »

2008.07.19

今日のコフキトンボ@新横浜公園

Imgp1174 Imgp1186 Imgp1189
昨日にひきつづきコフキトンボの紹介をする。二週間ぶりにフィールドに出かけた。黒王号を駆って新横浜公園に走った。午前中はららぽーとで買い出しをした。今日ついに気象庁が梅雨明け宣言を出したが、先週からとっくに明けていたのだろうと思う。梅雨明けの天気は酷暑を思わせるほど真夏のものだった。しばらく陽に当たるだけで日焼けや脱水症状を考えねばならないような天気だった。というわけで賢明な自分はボトルに水を詰め、帽子を水で濡らして出かけたわけだ。新横浜公園では一番にトイレに出向き乾いてしまった帽子を再びぐっしょり濡らし、Tシャツの袖にも水を垂らした。水をごくごく飲んでトンボ観察の開始だ。午後2時あたりの一番熱い時間帯のためトンボも日陰で休んでいるのだろうか。まず見つけたのがコシアキトンボ。ついでコフキトンボ。さらにショウジョウトンボ。イトトンボ系は見つからない。暑いので途中で給水タイムを設け、ボトルの水を飲みに帰った。虫よけのジェルを塗ってきたので蚊には刺されなかったが、草地の草が異様に元気で半袖の腕が痒い。ウスバキトンボらしき黄色いトンボを見かけたが草のてっぺんに水平に止まったので、おやっ?と思った。だがちゃんとした写真が撮れなかったので不明。ショウジョウトンボの未熟メスかもしれない。コシアキトンボ♂を見ていたとき突然大型トンボがやってきて争って高く飛んで行った。数秒後にコシアキトンボは戻ってきたが大型トンボは飛んで行ってしまった。一瞬だったのではっきり見なかったが、黒っぽい。緑っぽい色が見えた。黄色っぽい横筋があったようだ。青色はなかった。オニヤンマだったかもしれない。このトンボは二度と見れなかった。おもに3箇所で観察したが、最後の場所ではギンヤンマが出てきた。また最後の最後にオオシオカラトンボのタンデムを見た。
さて、コフキトンボは猫背のポーズをとることが多いようである。二番目の個体は翅がぼろぼろだった。三番目は翅がまだ綺麗で、胸の細かい毛が目立った。3対ある脚が2対しか見えないが、第1脚が頭と胸の間の隙間に折りたたまれているのがちょっと見えている。世間も夏休みに突入したようだし夏本番だ。7月19日、新横浜公園。

Imgp1226 Imgp1234

|

« コフキトンボ@新横浜公園 | トップページ | ルリボシヤンマではなくてヤブヤンマ@横浜某所 »

トンボ」カテゴリの記事

新横浜公園」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コフキトンボ@新横浜公園 | トップページ | ルリボシヤンマではなくてヤブヤンマ@横浜某所 »