« ゴマダラカミキリ@鶴見川土手 | トップページ | ホトケドジョウ@鶴見川水源公園 »

2008.07.30

トンボ羽化殻@長池公園

Imgp1618 Imgp1619
Imgp1697_2 長池公園の田圃でキイトトンボを探していた時、目に入ったのがこれ。最初はこれから羽化が始まるのかと思った。しかし、観察するにつれ存在感の薄さに気づき、羽化殻と判明した。まだ泥をかぶっていて濡れている。早朝雨が降ったに違いない。手をのばして左手に乗せてみた。さすがに殻だけあってふにゃふにゃしていて形が崩れた。羽化時に背中から延びて残された筋が白く残っていた。イネにしがみついている殻には大きな下顎らしきが見えた。たぶん今朝羽化したものと思われた。シオカラトンボあたりだろうか。ゆっくり調べようと思うが同定できるかどうか甚だ心もとない。下はベッコウハゴロモ。ネイチャーセンター近くのアジサイの葉に止まっていた。久しぶりに見た。左は今回ゲットしたトンボ図鑑2008改訂版。トンボ初心者向けのすばらしい図鑑である。7月27日、八王子市長池公園。

追記:今から思えば羽化殻は拾って持って帰ってくれば良かったと思う。腹部の脇のとげ状の部分などを詳しく見れば種類がわかるのだったorz。7/31。
Imgp1664 

|

« ゴマダラカミキリ@鶴見川土手 | トップページ | ホトケドジョウ@鶴見川水源公園 »

トンボ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

長池公園」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさん、初めまして。ミンミンゼミ好きの男性です。検索ではるきょんさんのブログに辿り着きました。2006_8_6の日記のミンミンゼミに泣きそうになりましたが、とってもステキなコメントと、手の平に乗せ、傷ついたミンミンゼミを安全な場所に移動させたことなど、深く感動してしまいました。40年以上ずっと蝉好きですが、関西在住の頃は手の届くところにミンミンゼミはいませんでした(山奥やかなり高い樹にしかいませんでした)。東京に来てからは身近なところでもミンミンゼミがいるので嬉しい限りです。ところでコメントさせて頂いたのは、はるきょんさんの2006_8_6の日記に直リンクはご迷惑でしょうか・・・。もしご迷惑でなければぜひお願いしたいのですが・・・。

投稿: 民民 | 2008.07.31 02:27

民民さんおはようございます。だいぶ前の記事に着目していただきありがとうございます。民民さんのサイトを示していただければ直リンクは歓迎します。しかし、どうやって検索したら2年前のその記事にたどりつくのか?自分でちょっとやってみようかな(笑)。...「ミンミンゼミ+羽化失敗」で検索したらなんと一番上に出てきて驚きました。これ、ある意味、社会的責任がいつまでも残るということを示しています。このミンミンゼミの記事が誤っているわけではありませんが、万が一出版物に後で誤りが発見された場合、訂正することができないのに比べてネットではまだ取り返しがつくので、誤りを発見した場合は早いところ訂正しないといかんなぁと再確認しました。

投稿: はるきょん | 2008.07.31 08:45

さっそくの返信ありがとうございます。検索はグーグルで「ミンミンゼミの羽化」と入れましたところ1ページ目に出てきました。タイトルこと「羽化失敗」でしたが内容ははるきょんさんの責任ではないところで傷ついた蝉を安全なところに移動させてあげている上に、彼らの身体の構造を敬愛するに等しい表現をされていますので大丈夫だと思います。ちなみに日本昆虫協会は「昆虫採集は科学的で健全な趣味」をモットーに針を刺し標本にすることを肯定していますので、それに比べれば表彰されてもいいくらいです!とはいえ、はるきょんさんのお気持ちの問題が一番です。ちなみにわたくしは「セミの羽化フォト検索中に出逢った日記です。博多生まれ、東京在住のはるきょんさんのブログの日記です。悲しい中でも筆者の気持ちと行動にたいへん感動しました。是非読んでみて下さい。http://halcyon.cocolog-nifty.com/halcyon/2006/08/post_8966.html
はるきょんさんの日記を読んで共感したのは「体にピッタリと張り付く抜け殻から綺麗に抜け出すことが、いかに奇跡的なことかと思う」(はるきょんさんの日記より)っていう部分。殻から出始めてから、たった6〜7時間で羽を伸ばして成虫になる・・・」と書かせて頂こうと思っています。わたくしのサイトはたいしたことはありませんが趣味の日記で取り上げようと思っています。「http://tsukasa.agz.jp/」の中の「TSUBUYAKI」というページに書こうと思っています。よろしくお願いします。

投稿: 民民 | 2008.07.31 11:06

民民さん、了解です。紹介していただけるなら嬉しいです。よろしくお願します。ただ東京在住ではなくて横浜在住です(笑)。サイトをちょっと見させてもらいましたが民民さんミュージシャンなんですか?

投稿: はるきょん | 2008.07.31 21:39

ありがとうございます〜!横浜在住ですよね!ごめんなさい!そうなんです、地味に音楽活動をしています。はるきょんさんはフォトも昆虫や生き物好きもすべて趣味なのですか?あまりにも博学でプロフェッショナルなフォトにも驚いています・・・。

投稿: 民民 | 2008.07.31 22:08

こんばんは。去年はるきょんさんが紹介していたので、自分も長池公園に行ってでトンボ図鑑2007年版購入しました、2008年版はまだ買っていませんが。でキイトトンボですが、確かに図鑑には田んぼで見かけると書いあったので田んぼを結構探しましたが見つかりませんでした。自分が見つけたのは、築池の近くにある水場のあたりから自然館に向かう道の脇の草むらでした。3連休の初日に見つけて、次の日も探しましたが、2日目は見つかりませんでした。はるきょんさんも見られるといいですね。

投稿: 虫好き | 2008.07.31 23:43

虫好きさん、またまた詳しい情報ありがとうございます。ほんらいキイトトンボってかなりの普通種らしいので家から歩いていける鶴見川の土手で見つけるのが一番の希望です。いつ会えるやら(笑)。

投稿: はるきょん | 2008.08.01 21:16

民民さんTSUBUYAKI読ませてもらいましたよ。なんだかこそばゆいです。手袋を脱ぐのが如何に困難かって話笑わせてもらいました。ありがとうございました。

投稿: はるきょん | 2008.08.05 10:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴマダラカミキリ@鶴見川土手 | トップページ | ホトケドジョウ@鶴見川水源公園 »