« ウチワヤンマ@三ツ池公園 | トップページ | ニホンアカガエル@新治市民の森 »

2008.08.11

オニヤンマ産卵と羽化殻@新治市民の森

日曜日は午後、久しぶりにジョギングをした。何と7月20日以来である。比較的過ごしやすかったのだが走り出すとやはり蒸し暑くいっぱい汗をかいた。ペースがつかめなかったので成り行きで走ってみたが、やや速めとなった。後半はキロ5分を切るスピードとなり前半が26’58”、後半が24’39”だった。ラン後の体重測定で体重が低下しているのが分かりちょっと驚いた。特に具合の悪いところもなく、気になるような点もなく夏ばて気味であろうか。大量に汗をかいた後ということもあろう。万が一東京マラソン'09に当選したら10kmを走ることになる。10kmレースは出たことが無いので初体験となる。マラソンと比べて短距離なのでスピードレースである。マラソンの準備と違って10kmが長いと感じるような練習をする必要がある。3km5km10kmのタイムトライアルなどを考えようかな。41分で走れれば自分にとって世界新、45分で銀メダルに相当しようか。それにしても早く涼しくなって欲しいものだ。
日時:8月10日(日)午後、コース:亀甲橋往復、距離:10km、タイム:51’37”、平均心拍数:162、最高心拍数:192:平均ピッチ:168、ラン後体重:○3.5kg

Imgp3049 Imgp3052
新治市民の森ではオニヤンマがやはりたくさん見られた。いつもとは違う場所を探してもやはりオニヤンマがいた。だが腹の太いメスがいた。腰をおろしてしばらく観察しているとバフッバフッバフッと産卵を始めた。豪快に音を立てながらの産卵は延々と続いた。歯並びの悪い出っ歯をさらしながらの迫力のある産卵シーンだった。♂も何頭かいたのだがそれぞれに動物園のクマのようなワンパターンコースをたどっていた。蚊に悩まされながら頑張って観察・撮影した。帰り際にふと足もとに羽化殻を発見したが、そのあまりの大きさにびっくりした。40mm以上はあったと思われる。しばらく壊さないように持ち歩いたがいつの間にか落としてしまいガッカリしている。だが落とす前に顔を撮影しておいてよかった。見よこの仰天のギザギザの口!左右から閉じるようになっていてなんとも面白い顔をしている。確信はないがオニヤンマの羽化殻ではないかと思う。一番下はいけぶち広場の止まり木にて撮影。8月9日、新治市民の森
Imgp3059 Imgp3096 Imgp3105 Imgp2950

|

« ウチワヤンマ@三ツ池公園 | トップページ | ニホンアカガエル@新治市民の森 »

トンボ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウチワヤンマ@三ツ池公園 | トップページ | ニホンアカガエル@新治市民の森 »