« ウワミズザクラ紅葉@新治市民の森 | トップページ | チャバネアオカメムシ@四季の森公園 »

2008.11.10

チヂミザサ@新治市民の森

Imgp6628 Imgp6627 
Imgp6626
新治市民の森トンボ池あたりをうろうろするとズボンの裾にいつの間にかベトベトする植物の種がたくさんくっついてしまい後でえらく難儀することになる。帰宅後知らずにいるといつの間にか絨毯にたくさんくっついていてひと悶着ということもある。なので帰路につくときに手で丁寧に取るしかないわけだ。よく見ると棘の先端近くに粘液が出ているのが分かる。イネ科の仲間のようには見えないがチジミザサチヂミザサというらしい。今年は特に被害がひどいような気がする。11月9日、新治市民の森。

|

« ウワミズザクラ紅葉@新治市民の森 | トップページ | チャバネアオカメムシ@四季の森公園 »

新治市民の森」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

草本類」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさんこんばんは。あ~この草厄介ですよね、自分も被害者の一人で、も~あれは最悪でしたね。

投稿: 虫好き | 2008.11.10 21:42

虫好きさん、こんばんは。チヂミザサを手で丁寧に取っていると手がべたべたになってしまい最後には種が手からはがれなくなってしまいました。もうサイテーな迷惑草ですねぇ。

投稿: はるきょん | 2008.11.11 16:59

こんばんは♪
あはは~やられましたね~
べたべた粘着質のひっつき虫は難儀します
以前あんまりにもたくさんくっつけてしまって取っても取っても
べたべたで悲しくなったのを思い出しました
仲間がいると嬉しい
この季節いろんなタイプの種子散布を助けてるようです

投稿: エフ | 2008.11.11 23:01

エフさんこんばんは。これに比べればオナモミなんてかわいいほうですね。しかし、チヂミザサぐらい粘着力が強いと途中で落ちないので散布の役にたっているのかちょっと疑問も感じます。

投稿: はるきょん | 2008.11.12 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウワミズザクラ紅葉@新治市民の森 | トップページ | チャバネアオカメムシ@四季の森公園 »