« オオアオイトトンボ♂手乗り@新治市民の森 | トップページ | カラスハエトリ@四季の森公園 »

2008.11.22

マユタテアカネ♀無斑タイプ@新治市民の森

ここ数日快晴が続き、朝、西の空を確認すると白富士がくっきりと見えるようになった。日当りの良い部屋では朝方はぽかぽかして温室状態となるが、そのつもりで外に出るとえらい目に会うことになる。というわけで今日はちゃんと手袋をして黒王号で新治に出かけた。午前中は自然観察をして、午後はラン。本当はニッサンスタジアムのトラックの開放日だったので走りたかったところであるが、時間的制約のためいつものように亀甲橋往復とした。久しぶりだったので、刺激を入れるためタイムトライアルとした。最初から飛ばし気味で頑張った。3’36”(0.75km)、4’27”、4’30”、5’19”(1.25km)、4’21”と往路は22’16”だった。呼吸は2拍子となりかなりきつかった。また風がややあって向かい風だったので苦しかった。折り返してからは少し楽になるかと思ったら、あまり変わらず、走行方向と風向きのベクトルと体感風向の関係を考えようとしたが頭がぜんぜん回らなかった。復路もがんばるだけがんばり、4’17”、5’23”、4’30”、4’15”、3’04”と最後は目いっぱい走ってゴールイン。43’48”と近年にない良いタイムとなった。あまりにもぜいぜいしながらエレベータに乗ったら同乗者がいて恥ずかしかった。
コース:亀甲橋往復、距離:10km、タイム:43’48”、平均心拍数:171、最高心拍数:184、平均ピッチ:176、ラン後体重:○2.5kg
Imgp7024 Imgp7073 Imgp7076
午前中の新治ではクヌギポイントでなにやらステージができていて音楽が聞こえていた。農業と芸能の融合、農芸とでも言うのであろうか。快晴のため日がさして暖かくなってくるとトンボがわらわら出てきて賑わっていた。上のトンボは♀で、翅に黒斑がない。前胸の模様から最初ヒメアカネかと思ってわくわくして撮影していたのだがだんだんマユタテアカネであることに気がいてしまい落ち込んでしまった。あ~残念。マユタテアカネ♀の無斑タイプということである。このトンボは自分のジーパンに張り付いて日光浴を始めたのでそーっと左手で包み込むように捕えることに成功した。胸の模様、尾部上部の尾毛と下部の産卵管の長さが見どころだろう。ヒメアカネの産卵管はもっと長いらしい。微妙な鼻斑がある。ぽかぽか暖かい水辺でトンボを観察しながら音楽が聞こえていて、なかなか素晴らしい午前だった。11月22日、新治市民の森。★追記:無斑といいながら翅のわかる写真を載せていなかったので一番下に追加しときます。
Imgp7091 Imgp7094

|

« オオアオイトトンボ♂手乗り@新治市民の森 | トップページ | カラスハエトリ@四季の森公園 »

トンボ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさん今晩は。今日はベニマシコの情報ありがとうございました。が、収穫はゼロでした。今日は何だか鳥があまり出てきていないようでした、がっかり。

投稿: 虫好き | 2008.11.22 22:00

自分もベニマシコ見れませんでした。鶴見川でチョウゲンボウを見たのが唯一の収穫でした。ただ気持のよい一日でしたねぇ。

投稿: はるきょん | 2008.11.23 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオアオイトトンボ♂手乗り@新治市民の森 | トップページ | カラスハエトリ@四季の森公園 »