« 浅草寺再び | トップページ | タヒバリ@鶴見川 »

2008.11.02

マユタテアカネ♂の尾部付属器@新治市民の森

Imgp6429 Imgp6431 Imgp6432 
11月に入り、ますますトンボが少なくなってきた。新治市民の森のトンボ池周辺で見つけた赤トンボはこれだけだった。マユタテアカネ♂。日当りのいい岩にじっと止まって日向ぼっこをして体を暖めていた。気温が低いので変温動物であるトンボは動きが鈍くなる。恒温動物である自分でさえそうなのだから。しばらく観察・撮影していたが、捕獲できる気がしてきたので、ゆっくり近づきぱっと左手を被せたら難なく捕まえることができた。顔の眉斑胸の模様、腹部第二節の副生殖器尾部上付属器の反り返った形など詳細に撮影することができた。写真に写っているのは尾部付属器と第10、9、8、7節である。陽が当たると温かいが陰ると即寒くなってくる。黒王号に乗っていて今シーズン初めて手が冷たいと感じた。11月2日、新治市民の森にて。

Imgp6433

|

« 浅草寺再び | トップページ | タヒバリ@鶴見川 »

トンボ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浅草寺再び | トップページ | タヒバリ@鶴見川 »