« 殺戮のオデッセイbyロバートラドラム | トップページ | マユタテアカネ♂の尾部付属器@新治市民の森 »

2008.11.01

浅草寺再び

Imgp6392 Imgp6400
快晴の秋の日、浅草寺にまた行ってきた。今回は連れ合いと二人で(笑)。急激な円高で外国人の姿が少なくなっているなどという噂だったが、そんなことはなく白人や中国人がたくさんいた。前回は滞在たったの30分で、小判をゲットして浅草寺に参拝しただけですぐにランに行ってしまったが今日は仲見世や奥山風景などぶらぶらと時間をかけて見物した。もちろん今回も小判をゲットしたが、なんと購入は一人一枚に制限されていた。前回は25枚まとめてなんてのもあったので大違いである。好評につき持ち帰り分が予想以上に多かったのかもしれない。あまりに天気がよく一片の雲さえなく日差しが強烈で眩しかった。また風が強く舞っていて埃っぽかった。奥山座では三味線と歌の演芸をやっていた。珍しいものを見た気がした。牛飯茶屋の今半にはびっくりするような行列ができていた。香炉を見つけるたびに煙を浴びたのでちょっと煙っぽくなってしまった。小判を使って人形焼きと豆菓子を買った。おつりも貰えた。人形焼きを作る工程を見ていると興味深く、職人の手さばきをずっと見ていたかった。二ヶ所ある両替所の奥の方では帰り際には小判はもう売り切れとなっていた。今日は行きは銀座線、帰りは浅草線を使った。できれば行きか帰りに水上バスに乗りたかったのだが風が強かったので止めておいた。木枯らし1号だったそうだ。行き帰りの電車の中でモンテクリスト伯がだいぶ進んだ。もうすぐ第一巻が終わりそうだ。11月1日、浅草にて。
午後はラン。外出した後とあり、ちょっと疲れていたためゆるジョグでもというつもりで出た。半袖の白Tシャツに短タイツ。鶴見川右岸を下ろう。新横浜公園までのコースに今日こそは1km毎の地点を確定したい。タイムを図りながら、事前に地図上で物差しを使ってポイントしておいた地点でラップボタンを押してゆく。だいたい正確なようだ。6’00”、5’48”、5’29”、5’43”と4kmで新横浜公園入り口の坂の途中だ。これで確定としよう。次の1kmは周回コース916m+αで5’33”。ここでちょうど後ろからスタスタと速いピッチの足音が聞こえあっという間に追い越された。その男の脚は腰から膝から脚先までまっすぐで実に美しい走り方をしていた。トップランナーでも前や後ろから見ると曲ったり、傾いたりして癖のある走り方をする選手が少なくなくアフリカ出身日本育ちの選手のようなまっすぐな走り方は珍しい。そういうわけでちょっとその男に刺激されて自分もスピードをあげた。が、差はどんどん開くばかり。彼は約1kmを3分20秒ぐらいで回ったようだ。自分は4’27”。そのまま帰路につき、スピードを維持することにした。昨年はマラソンペースとしてキロ5’25”程度をレースペースとして練習したたが、今年は10km(7倍に当選すればの話だが)なのでレースペースとしては4’30”である。次が4’31”、4’24”、4’31”、最後はちょっとばかし頑張ってスピードを上げ4’11”でゴールした。帰路では西に沈む太陽が真正面から眩しかった。途中、ダイエー裏の踏切近くにある駐輪場の屋根でジョウビタキが激しく鳴いていた。そうそう、これが初認ではなく、先日の水曜日の早朝ランで聴いたのが初認だったので10月29日と今年は遅かった。
コース:新横浜公園往復、距離:10km、タイム:50’41”、平均心拍数:152、最高心拍数:202?、平均ピッチ:169、ラン後体重:○3.0kg
こうして10kmにならすと分かりにくいが、今日のランは実質的には5kmのゆるジョグと5kmのペース走の別の2本と考えた方が良いだろう。
①5km、タイム:28’35”、平均:140、ピッチ:166
②5km、タイム:22’06”、平均:170、ピッチ:176

やはりキロ4’30”ペースはなかなか苦しい。

|

« 殺戮のオデッセイbyロバートラドラム | トップページ | マユタテアカネ♂の尾部付属器@新治市民の森 »

ランニング」カテゴリの記事

寺社巡り」カテゴリの記事

新横浜公園」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

場所と時間は違うけどわが家もデートでした。(笑)
これで、午後からランですか!
今半でご飯食べたんですか?
今度いらっしゃるときは「もんじゃ・お好み焼き」はいかが?

投稿: bikki | 2008.11.02 00:51

bikkiさんこんばんは。江戸・東京の茶の湯展の記事面白かったぁ。にやにやしてしまいました。二人で同じものを見ても関心を寄せる対象が全く違う。時間のかけ方も歩く速さも右を歩くか左をあるかも違う。という状況で、混雑の中をはぐれないように相手を気にしながらぶらぶらするってかなり難しいことでした。同じですね(笑)。

投稿: はるきょん | 2008.11.02 17:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 殺戮のオデッセイbyロバートラドラム | トップページ | マユタテアカネ♂の尾部付属器@新治市民の森 »