« 何の卵?@四季の森公園 | トップページ | カワセミ@四季の森公園 »

2009.01.31

日産スタジアムトラック25周

Imgp8758

今日は朝から冷たい雨、風も強い。午前中は家を出られない用事があり、無為に過ごす。午後からはやや日差しが出始めたので洗濯物をベランダに移したりなんかする。雨も上がったので走ろうか。雨があがったとはいえ土手は水たまりだからで走りづらいはず。う~んどうしようか。ふと思いつき、ネットで日産スタジアムの個人利用日を調べたら、正解!今日と明日が個人利用できる日だ。土日の利用時間は1600時までだが、受付はその1時間前までだから...1500時か。よし、急ごう!さっと着替え必要なものをリュックに詰めて黒王号を走らせる。スタジアムまでの5kmをかなり飛ばした。いいウォームアップになった。窓口に駆け込んだのが1457時だった。さっと着替え(ジーパンとウィンドブレーカとセーターを脱いだだけだが)てトラックにのぼると予想通り人が少ない。水をゴクゴクと飲んでリュックをその辺に置いてゆっくり走り始めた。とりあえず1周400mを2分ジャストで10000m走ろうとだけ考えていた。50分かかるはず。アンツーカーのトラックは少し濡れた部分があるもののまったくなんの支障もなく走れた。若いアスリートがときおり素晴らしいフォームで100mとか200mとかを走り去って行く。自分は我が道を我がスピードでゆっくりと回る、回る、回る。赤いアンツーカーと白いコースラインが目に焼き付けられてゆく。左回り、左回り、つねに左回り。単調だが一周毎に忘れぬようにラップボタンを押してゆく。小学校低学年ぐらいの女の子が素晴らしいスピードで追い抜いて行った。自分の胸ぐらいまでしかない背の高さの子だ。2周ぐらい走って休憩していた。時計のように正確に1周また1周。これまでの最高は20周だったと思うので今日はちゃんと25周しよう。しばらくして父親が手を引いて再び猛スピードで追い抜いて行った。腕振りが出来ないのにあんなに早く走れるとはすごいことだ。あの父親はエリート教育をしてるのだろうか。こちらがキロ5分ならあちらはキロ4分ぐらいかな。日産スタジアムは見学ツアーというものがあり、観客席をどうもそれらしきひと家族と案内人が見学していた。こちらは見られる側だ。結局、最後まで調子を崩すことなく25周を走り切れた。最後の一周だけちょっとスピードを上げた。これでまる一日無為に過ごすことなくできてよかった。上の写真は日産スタジアム外周路。雨にぬれずに走れ930mあるという。中学生らしき少年たちがたくさん走っていた。雨の時に一度走ってみたいものだ。25周の各ラップタイムは2'00,1'59,1'55,1'59,1'57,1'58,1'59,1'56,1'57,1'58,1'57,1'58,1'57,1'57,1'57,1'57,1'56,

1'56,1'55,1'57,1'55,1'54,1'58,1'56,1'30だった。ラン後、ちょっと休んで汗を拭き、急いで着替えて出たのが終了7分前の1553時だった。
コース:日産スタジアムトラック、距離:10km(400mトラック25周)、タイム:48’28”、平均心拍数:163、最高心拍数:181、平均ピッチ:169、ラン後体重:未計測
Imgp8762 Imgp8764
帰りがけに新横浜公園の貯水池を一応見て帰った。白い鳥は居なかったが、カモが少し居たようだが双眼鏡がなく確認できなかった。日産スタジアムから亀甲橋に向かう信号で白くかっこいいメルセデス・ベンツSLが中央分離帯に乗り上げてスタックしていた。通る車がぶつかると危険だなぁと思って見ていたが、なんと中に人が乗ったままで驚いた。その後ちゃんと救出されただろうか。帰路は黒王号を鶴見川土手を走らせた。雨のため水位が異様に高くなっていて川の水が泥水のような色になっていた。
Imgp8761

|

« 何の卵?@四季の森公園 | トップページ | カワセミ@四季の森公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

新横浜公園」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何の卵?@四季の森公園 | トップページ | カワセミ@四季の森公園 »