« シマドジョウ?@新治市民の森 | トップページ | ロールスロイスファントムⅡ@ペニンシュラ東京 »

2009.02.16

ヤマサナエ幼虫@梅田川

Imgp9115 Imgp9132 Imgp9133 Imgp9150
新治では収穫がなかったが、さっさと諦めて場所移動をした。まずは、三保遊水地。夏の間釣り人がいつもいる池だが、誰も居なかった。池底を柄杓ですくってみたが、底がほとんど岩のため歯が立たなかった。そういうわけでここもさっさと諦め、梅田川のいつも寄るポイントに行った。久しぶりに川に降りてあちこちすくってみたが収穫なし。移動して水が淀んで砂がたまっていて草に覆われた場所を攻めてみると上を発見した。お椀の中に動くものを見つけた時の心の高鳴り。砂と同じ色だが、眼を凝らすと小さなヤゴの形をした塊があった。慎重に捕獲し、不要の砂をきれいに流してから観察・撮影する。今日は持参したカップに移す。これは八王子の長池公園でゲットしてきた昆虫観察用のものである。初めて役にたった。昨日観察したオニヤンマヤゴとは形が異なる。頭部が細く腹部真ん中が太く、尾部が細くなっている。口(下唇かも触角らしい)が前に二つ飛び出している。黒い眼がとても小さく両側についている。尾部は二つの突起があり、下からふた節め(第9節)が他より長いヤマサナエと思われる。指に載せ乾燥するまで待ってひっくり返してみた。下唇を写したいのだ。しばし堪能してから、再度同じ場所を攻めてみたらまたまた収穫があった。嬉しい!今度はちょっと大きい。特徴がよく似ているのでこれもヤマサナエだろう。愛用の「水辺の昆虫(ヤマケイポケットガイド)」を持ってきて良かった。さて、ヤゴの写真はなかなか難しい。水から出すと形が分からなくなるし、水の中だと水面に光が反射してしまうし、形がゆがむし。白バックが分かりやすいようなので本の上に乗せて撮影してみた。大きい方が体長18mm、小さい方が12mmぐらいと思われる。もう何度か脱皮して終齢幼虫になると眼が大きくなり、翅芽が発達し、5月の連休ごろには羽化するものと思われる。密かに狙っていたニホンカワトンボのヤゴは結局見つからなかった。それから昨日から腰が痛い。もしかしてすくう動作が腰に悪いような気がする。下は二枚貝。砂の中から何度か見つかった。和名不明。2月15日、梅田川にて
Imgp9153

|

« シマドジョウ?@新治市民の森 | トップページ | ロールスロイスファントムⅡ@ペニンシュラ東京 »

トンボ」カテゴリの記事

幼虫」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

梅田川」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シマドジョウ?@新治市民の森 | トップページ | ロールスロイスファントムⅡ@ペニンシュラ東京 »