« マルタンヤンマ♀羽化不全@鶴見川 | トップページ | ハグロトンボ@鶴見川 »

2009.06.13

アキアカネ羽化直後個体@鶴見川

Imgp0643 Imgp0647
いつもの鶴見川Xポイントに朝早く出かけた。5時半。羽化途中のトンボがすぐに二頭見つかった。ひとつはシオカラトンボ。もうひとつはコノシメトンボではなくアキアカネだった。シオカラトンボに比べてひとまわり小さい。胸の黒いもようの形で見分けるべき赤トンボの仲間である。久しぶりだったのでちょっと忘れていたが、図鑑を調べてコノシメトンボと確認。今年の初認である。メスのようである。このポイントではギンヤンマ、シオカラトンボ、マルタンヤンマに次いで4種めの羽化発見である。そういえば、翅先にあるはずの黒斑がないが、羽化直後だからなのだろうか。⇒アキアカネだから無いのは当然(笑)。
下はこのコノシメトンボの羽化殻。シオカラトンボに比べてだいぶ小さい。背棘がない。第8、9腹節の側棘の長さで識別する。第8節の棘の先端が第9節の半分ほどまでの長さなのでコノシメトンボ。一番下はコノシメトンボの終齢ヤゴ。せっかくここまで育ったのに水中で死んでいた。羽化直前なのに残念である。羽化殻収集は喜びだけでなく悲しみも背中合わせでやってくる。6月13日、鶴見川 ☆羽化個体はコノシメトンボからアキアカネに訂正します。羽化殻はコノシメトンボです。 2009.6.20 Sat
Imgp0681 Imgp0682 Imgp0650

|

« マルタンヤンマ♀羽化不全@鶴見川 | トップページ | ハグロトンボ@鶴見川 »

トンボ」カテゴリの記事

幼虫」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マルタンヤンマ♀羽化不全@鶴見川 | トップページ | ハグロトンボ@鶴見川 »