« キイロトラカミキリ@新治市民の森 | トップページ | コシアキトンボ♀@新横浜公園 »

2009.06.20

アキアカネ羽化殻@鶴見川

Imgp1003
今日も朝早起きして、朝トンボに行ってきた。昨日天気が良かったので羽化殻がたくさん見つかることを期待していた。果たして、期待通りかなりザクザクと捕れ上のような収穫となった。残念ながら羽化中の個体は見つからなかった。写真は上段左がギンヤンマ♂5、上段右シオカラトンボ11、下段左ギンヤンマ♀3、下段右マルタンヤンマ♀3。そして下段の真ん中が前回コノシメトンボと紹介したタイプの小さな羽化殻で8個ある。このタイプはシオカラトンボ型に比べると、ひとまわり小さく、殻も薄く非常に華奢である。またつるつるした感じでシオカラトンボのように泥のついたものとは一見して異なる。シオカラトンボは頭が四角く、こちらは三角。そして側棘(そっきょく)がある。
Imgp1006
ぱっと見てこの8個はどれも同じなのだが、調べてみた。この写真で上段左の個体から①②③④、下段左から⑤⑥⑦⑧とし、それぞれの背棘(はいきょく)と側棘を見てみよう。第8節の側棘の長さが第9節の下端まで届くか否か。第8節の背棘があるか否かがポイントである。殻が小さく写真の写りがいま一つなのは御容赦を。
個体①②
Imgp1011
個体①(左)
第8側棘:届かず
第8背棘:不明
個体②(右)
第8側棘:届く
第8背棘:有り

個体③④
Imgp1013
個体③(左)
第8側棘:届く
第8背棘:有り
個体④(右)
第8側棘:届かず
第8背棘:不明

個体⑤⑥
Imgp1010
個体⑤(左)
第8側棘:届く
第8背棘:有り
個体⑥(右)
第8側棘:届く
第8背棘:有り

個体⑦⑧
Imgp1008
個体⑦(左)
第8側棘:届く
第8背棘:有り
個体⑧(右)
第8側棘:届く
第8背棘:有り

これから個体①と④が第8側棘が短いことがわかり、コノシメトンボと分かる。よく見ると①と④はまだら模様があることも特徴である。それ以外は第8側棘が9節の先端に届き、第8背棘があることからアキアカネと分かる。
以下が頭が三角のタイプの主なヤゴの識別方法である。
背棘なし⇒ショウジョウトンボ
背棘あり⇒ナツアカネ、アキアカネ、ノシメトンボ、コノシメトンボ、ネキトンボ
 第8側棘が第9節の半分まで⇒コノシメトンボ
      第9節の先端まで⇒アキアカネ、ネキトンボ
        第8背棘がない⇒ネキトンボ
               ある⇒アキアカネ
      第9節より長い⇒ナツアカネかノシメトンボ

|

« キイロトラカミキリ@新治市民の森 | トップページ | コシアキトンボ♀@新横浜公園 »

トンボ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
ははは!すごすぎて思わず笑ってしまいました
まさしくざーくざーくざっくざく状態
箱を持っていっての収穫だったのでしょうか
ヤゴの細かな違いより抜け殻の今後が気になるのでした

投稿: エフ | 2009.06.23 21:58

エフさんこんにちは。羽化殻回収には透明ケースを使います。殻は壊れやすいので強度のあるケースに入れる必要があるからです。この日は大漁だったのでぎゅうぎゅう詰めになりました。回収後の殻はビニ-ル袋に入れておりまして、もうそれが大変な状態になっております。最初は本棚に置いていましたが、見栄えが悪いので家族から捨てるように要求されたので今はベランダの靴箱に隠しています。......売るほどあるというか(笑)。

投稿: はるきょん | 2009.06.24 08:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キイロトラカミキリ@新治市民の森 | トップページ | コシアキトンボ♀@新横浜公園 »