« ヨコスカサマーフェスタ’09 | トップページ | モリアオガエル幼体@四季の森公園 »

2009.08.03

33rd Annual NAVY FRIENDSHIP DAY

Imgp3201 Imgp3205 Imgp3224 Imgp3225 Imgp3274 Imgp3297
ヨコスカサマーフェスタ’09では米軍基地までのシャトルボートを出していて昨年は乗った。横須賀港をぐるっとめぐってくれていろいろ見れるので今年も乗りたかったのだが、朝10分ほどの差でチケットが取れなかった。なので、日本側を一通り見たあと、ヴェルニー公園を通って三笠ゲートまで歩いて入場した。NAVY FRIENDSHIP DAYも第33回目だそうだ。今年はチラシをもらって位置関係と催しもののスケジュールを確認した。昼ごろから晴れ間が出てきて非常に暑くなってきた。うちわを傘にしてなるべく日当たりを避けるようにした。
まずはオフィサーズクラブO'Clubで腹ごしらえのため、TURKEY LEG(850yen)という肉の塊を入手し、食べながら歩いた。ずっしりと重く、握りこぶしぐらいのサイズででかい。かじりつきべりっとはがすようにむしるように食べるとビーフジャーキーのような味がした。昨年のフレンドシップデイで写した写真にこれを焼いている絵があった。この記事の三枚目の写真だ。...ひと口で後悔した。この量は食べ切れない。しかしがんばって食べると、肉を食べるということがこういうことなのかとということが実感できた。肉には骨も筋もあり、固いものをむしるように食べるものであると。いろんなスパイスを絶妙にあわせて味をつけて食べるということ。食欲を原始的な形で満たしながらアメリカを実感できた。これを左手に持って食べながら歩いているとすれ違う日本人の若者が目を丸くして「で・でけー!」とつぶやいたのが聞こえた(笑)。だが途中で食べられなくなりもったいなかったがポイした。うちの家族なら4人で分けてちょうどいいぐらいではないかと思う。Clement Boulvardを先端まで歩き、ソフトボール場でやっていた試合をちょっと見た。アメリカチームと日本チームがやっていて、ボブサップみたいな巨漢黒人選手がバットをぶりぶり振り回してヒットを打っていた。少し戻るとFire Truckが展示されていた。これもでかくてアメリカっぽかった。メインステージでは偉い人による挨拶が行われていた。これは日本人がやってもあまり変わらないだろうと思った。その後チーズバーガーやゲータレード(これもデカイ)で口直しをしてから、船を見に行った。
日本のいかづちDD107USS BLUE RIDGE LCC-19が並んでいた。だいぶ並んだがBLUE RIDGEをなんとか見ることができた。暑い中並んでいたのを見かねてなのか、列の途中で氷菓子の無料サービスがあって助かった。15時までだったので自分たちのあと10分ぐらいで列が無くなっていた。異様に大きな艦で最初空母かなと思っていたのだが、司令艦というらしい。艦内は実に見事な仕上げの木製の床だった。最初から最後まで行列を組んでの見学だった。相当歩いて疲れたのでこれでベースを後にした。しかし、三笠ゲートでは夜開かれる花火大会のために続々と入場者が押し寄せてきていた。いやぁもりだくさんの一日だった。8月1日、横須賀市米軍基地にて

|

« ヨコスカサマーフェスタ’09 | トップページ | モリアオガエル幼体@四季の森公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヨコスカサマーフェスタ’09 | トップページ | モリアオガエル幼体@四季の森公園 »