« 梅田川遊水地消滅の危機 | トップページ | アオモンイトトンボ »

2009.08.24

オオシオカラトンボ交尾@こども自然公園

Imgp4524
日曜日は5年に一度のお勤めのために二俣川の免許センターへ。午前中で終わり新しい免許証を受け取るもあまりの出来の悪い写真にビックリ。こんなひどい写真見たことがないぞ。プンプンだ。撮り直してもらいたいぐらいだ。これでは家族にも見せられん。ただ、大勢の申請者をスムースに捌いてゆくやり方は日本お得意の工場のベルトコンベイヤー的効率の良さで感心はした。
気を取り直して駅の向こう側15分ほど頑張って歩いて横浜市こども自然公園へ。
ここは池が何箇所もあり、雑木林も広くなかなか良いところ。黒王号で何度も訪れたことがあるが、久しぶりである。
暑いのでお茶を飲み飲み、トンボ観察を行う。樹が多いのでなるべく木陰を選んで立ち止まって肉眼と双眼鏡で観察した。ウチワヤンマ、ギンヤンマ、コシアキトンボ、シオカラトンボなどが池を乱舞する。田圃周辺ではシオカラトンボ、オオシカラトンボが多い。イトトンボをだいぶ探したが見つからなかった。雑木林に囲まれたせせらぎではオニヤンマが行ったり来たりしていた。なんとかヤンマも出るかもしれないと思った。そこは木陰でもあり涼しいのだが、残念ながら蚊も多く、ぞっとしてとっとと退散した。
その他湿地を中心に回るも、あまりトンボは見れなかった。やはり広い池で見るウチワヤンマとギンヤンマが見ものだったか。ウチワヤンマは全部確認したがタイワンウチワヤンマは居なかった。
写真はオオシオカラトンボの交尾。オスはよく目にするがこの黄色と黒のメスは単独で見たことがあまりない。このペアが止まっている草は左側から吹いてきた風でひっくり返った。最初はこのペアは草にぶら下がっていたのだが、草ごとひっくり返ってこういう姿勢となった。もう少し♀を見たかったのだがこのあとすぐに飛んで樹の高いところに行ってしまった。水があちこちにあったのでいちいち腕を冷やしながらすごしたが、やはり蒸し暑く2時間半で切り上げた。夕方に行けば黄昏ヤンマがたくさん見られるのではないかと思った。8月23日、横浜市旭区大池町こども子供自然公園にて
Imgp4552 Imgp4554

|

« 梅田川遊水地消滅の危機 | トップページ | アオモンイトトンボ »

トンボ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

今晩は、虫好きです。自分も二俣川へ行ったときは行ってみようと思いましたが、誕生日1月でした。昆虫は間違いなくいないでしょうね。

投稿: 虫好き | 2009.08.25 21:04

たまに違うところを訪れてその環境や生き物の状況を見ると、いつも行っている自分のフィールドの良いところや足りないところが見えてきたりします。こども自然公園は住宅地のど真ん中にあることもあり子供やスポーツ系で訪れる人がとても多いにもかかわらず、池や湿地は良好に保たれていて、愛護会などでたくさんの人手がかかっているんだろうと思われました。追記:トラカミキリおめでとうございました。だいぶ探されたんですね。そういう自分は今年見てないんですよ。毎年出ていたヤマグワの樹がだいぶヘタって来てるようなんです。

投稿: はるきょん | 2009.08.26 19:54

トラフカミキリ今年はあまり出てないんでしょうか、行く先々でまだ探していますが、見つけたのはあの1匹だけです。はるきょんさんのコメントでトンボ図鑑早く欲しくなりましたが、もう少し我慢です。

投稿: 虫好き | 2009.08.26 21:32

虫好きさんをもうちょっとそそろうかと思います(笑)。近畿のトンボ図鑑の良いところのひとつはイトトンボの3倍ぐらいのクローズアップ写真が並んでいること、巻末に似た種どうしの識別方法がわかりやすく掲載されていること、同じく似たヤゴの識別方法(側棘、背棘、下唇など)が詳しく説明されているところです。またサナエ類では横から見た写真だけでなく上から見た写真が載っていて尾部の見た目の違いがよくわかります。毎晩眺めています。

投稿: はるきょん | 2009.08.27 20:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅田川遊水地消滅の危機 | トップページ | アオモンイトトンボ »