« ヒメアカネ♀@新治市民の森 | トップページ | 蝶にモテた日@新治市民の森 »

2009.09.29

テングチョウ@新治市民の森

Imgp6129 Imgp6132
 新治市民の森、トンボ池近くでベニシジミらしきが乱舞していた。湿った地面に止まるとふっと見えなくなる。素晴らしく保護色だ。ではベニシジミではないな。というわけで双眼鏡で探したところ地面で吸水しているようだった。そっと近寄って撮影し、液晶画面で確認したらテングチョウだった。写りが悪いのでその特異な形が分からないのは残念。翅裏の模様から♂と思われる。テングチョウを撮影したのは2度めか3度目ぐらいだ。いつもベニシジミと誤認して見逃しているものと思われる。いつか翅表をきれいに撮影したいものである。
 下はいけぶち広場にいたウラギンシジミ♂。これも翅表はベニシジミに似ている。翅裏は純白で和名の元となった銀色をしている。この個体はトイレ脇の湿った地面がお好みのようだった(笑)。9月23日、新治市民の森にて
Imgp6168

|

« ヒメアカネ♀@新治市民の森 | トップページ | 蝶にモテた日@新治市民の森 »

チョウ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

夏の間だけかなと思っていたのですが、テングチョウ、最近中々お眼にかかりません。て、いうか居ても私が気づかないのかも知れません。ウラギンシジミ、いい色をしていますね。
urlは、新潟の里山でのテングチョウをペッタンコしました。

投稿: ニコラス・屁イジ | 2009.09.30 19:54

屁イジさんお久しぶりです。あまり蝶は真面目に見ていなかったので改めて調べてみました。この時期に元気なテングチョウはもしかしたら越冬する個体かもしれませんね。今後も気をつけて探してみようかと思います。クリスマスあるいは正月にテングチョウが見れると嬉しいな。新潟の個体は翅裏の色が濃いですね。枯葉に擬態しているとしたら枯葉の種類の違いによるものでしょうかね。

投稿: はるきょん | 2009.09.30 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒメアカネ♀@新治市民の森 | トップページ | 蝶にモテた日@新治市民の森 »