« この種な~に?@鶴見川ビオトープ | トップページ | キタテハの鱗粉@新治市民の森 »

2009.10.30

セイタカアワダチソウに集まる昆虫

R0010288 R0010296 R0010301 R0010307 R0010308
鶴見川ビオトープの周囲にはちょっとした草地があり、セイタカアワダチソウが咲いていた。ちょうど日が差していたこともあり昆虫が集まっていたので撮ってみた。上から可愛いキタヒメヒラタアブ。翅の模様が違うような気がして一生懸命に撮影したベニシジミ♂夏型。和名不明のカスミカメ。胸がやや角ばった長い体形、胸部の縦筋、腹部のまだら模様などの特徴があり、分かるかと思いだいぶ調べたが、ぜんぜん太刀打ち出来なかった。最後はたぶんツマグロキンバエ。メタリックグリーンの複眼に横縞があり、妙な感じがする。口の形も不思議な感じでイスラエルの防毒マスクのよう。汚い感じはまったくしない。セイタカアワダチソウはよく見るととてもきれいである。最近、外来種としての拒否反応が薄れてきた。10月下旬、鶴見川ビオトープにて。

|

« この種な~に?@鶴見川ビオトープ | トップページ | キタテハの鱗粉@新治市民の森 »

アブ」カテゴリの記事

カメムシ」カテゴリの記事

チョウ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この種な~に?@鶴見川ビオトープ | トップページ | キタテハの鱗粉@新治市民の森 »