« アキアカネ尾部付属器@北八朔公園 | トップページ | THE TWELFTH CARD by JEFFERY DEAVER »

2009.10.26

ホトトギスとタイワンホトトギス@皇居東御苑

R0010513 R0010532 R0010534
 土曜日は朝から皇居に走りに行ってきた。来春の東京マラソンが落選のため走れないので、代わりにどこかの大会に出ようかと考えていたのだが、大山登山マラソンにしようかと思っている。伊勢原の駅前から下社手前までの9.1kmと距離的には短いものだが、高低差が650mほどもあり、石段が1610段もある。どちらかというとマラソンというよりも階段登り競争に近いものである。自分も同じコースを何度かリュックを背負って走っている。だいたい75分ほどもかかっているのだが、大山登山マラソンのトップ選手は40分を切るタイムを出している。すごいもんである。自分はリュックを背負ってのものだし、信号待ちなどもあるため単純には比べられないが、ランナーの記録を見ていたらだいたい平地の15kmぐらいの記録に相当するのではないかと思う。というわけで皇居は3周の15kmを走ることにした。
 朝8時ちょい前に有楽町のランニングオアシスに到着。この時間で男性の7番か8番めぐらいだった。着替えて、アミノバイタルを半分飲んですぐに出発。桜田門までゆるジョグで体をほぐし、信号待ちではストレッチ。半袖Tシャツで来たがちょうど良い感じで良いシーズンになった。スタート地点を決めてからキロ5分ペースで走りだす。100m毎にタイムをチェックしながら速すぎないように走る。ランナーは多めだったが、ゆるジョグのランナーが多く、たくさん追い抜いて走る。3周走ることを意識して半蔵門からの下りはややセーブする。1周目は23’28”と思ったよりも良いタイム。2周目も同様に走り23’27”とほぼ同じタイム。3周目に入りやや自由に走る。イギリス大使館前あたりから後ろにオレンジ色のウェアのランナーがぴったりついてきてた。100m毎のタイムをチェックしながら走っているので良いペースメーカーにされたのだろうか。半蔵門からの下りではピッチを上げてスピードアップしてみた。足音はついてきている。調子が良いのでこのままいけるところまで頑張ろうと思っていると、後からすっと若いランナーが出てきてあっと言う間に追い抜いて行った。なるべくオレンジについて行きながら桜田門を通りすぎ、トイレ前あたりでバタバタとゴールした。3周めは22’37”だった。水場で吸水し、腕や顔の汗を流してさっぱりした。ベンチで少し休んでからゆるジョグで日比谷公園一周のおまけをつけてランニングオアシスに戻った。15kmを69分で走れたので良いトレーニングになった。大山登山マラソンで69分ぐらいだと1900人中1000位ぐらいに該当するだろうか。これからしばらくは10kmではなく15kmを基本に練習しようと思う。
コース:皇居周回コース3周、距離:15km、タイム:1:9’32”、平均心拍数:168、最高心拍数:183、平均ピッチ:173

 シャワー後ゆっくりしてからビックカメラでデジカメの液晶モニター保護シートを入手した。いつ貯めたかすっかり忘れていたポイントが使えてラッキー。その後葡萄屋という鳥料理の店でゆっくりとお昼を食べた。値段の分だけ十分おいしかった。ついでに液晶保護シートを苦労してはることになんとか成功した。これでデジカメはひと安心。
 その後はまたまた例によって皇居東御苑を散歩。二の丸庭園ではトンボはギンヤンマを3回見かけただけだった。池のコウホネはだいぶ枯れていた。サルスベリの実がたくさん生っていた。上はタイワンホトトギスで下はホトトギス。一見似ているがよく見るとぜんぜん違う。昆虫が見れないと自然観察は寂しいものである。白鳥濠にはカワセミがいた。楽部という建物では雅楽の演奏会が開かれるらしく長い行列が出来ていて驚いた。10月24日、皇居東御苑
R0010557 R0010559

|

« アキアカネ尾部付属器@北八朔公園 | トップページ | THE TWELFTH CARD by JEFFERY DEAVER »

ランニング」カテゴリの記事

皇居」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

草本類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アキアカネ尾部付属器@北八朔公園 | トップページ | THE TWELFTH CARD by JEFFERY DEAVER »