« LUCKY YOU by CARL HIAASEN | トップページ | アカシマサシガメ@四季の森公園 »

2009.10.15

ギンヤンマの羽化殻調査

今年の5月から7月にかけて、鶴見川のビオトープで数日おきにトンボの羽化殻の回収をした調査を一応まとめたので忘れないうちに報告しておく。

Imgp0299
ギンヤンマ
の羽化について:188個の羽化殻を回収した。調査開始が5月初旬だったのでそれ以前の状況がわからないが、たぶん4月下旬あたりから羽化が始まっていたのではないかと思われる。ピークは5月中旬と6月下旬にみられた。7月に入ると激減した。性比はオス3:メス2だった。羽化の時間帯は未明には完了しており、早朝にはもう羽化殻しか見つからなかった。早朝に見つかったのは羽化失敗の個体数例のみだった。

ギンヤンマ羽化の場所:ヒメガマの茎がほとんどで、水面からの高さは10cm程度から80cm程度ぐらいだった。ヒメガマが込み入った場所ではなく開けた周辺部が好みのようだった。

調査場所:鶴見川近くにできたビオトープと称しておく。ごく浅い止水域で魚類やザリガニやカエル類が全くみられない。ヒメガマが優勢。トンボにとってはなかなか理想的な場所と思われるので場所はぼかしておく。水の深さは一番深いところでも15cm程度。シーズン中ほぼ一定の深さを維持していた

調査時期:5月初めから9月初めにかけて32回調査したが、5,6,7月がほとんど。時間帯は早朝がほとんどでだいたい1時間ほどかけた。。羽化後時間が経つと殻が水に落ちてしまうことが危惧されたため、なるべく日数をあけずになるべく3日程度ごとに調査した。

調査方法:長靴を履いてビオトープをくまなく歩き回って羽化殻を探して回収した。

Photo_2

Photo 

|

« LUCKY YOU by CARL HIAASEN | トップページ | アカシマサシガメ@四季の森公園 »

サイエンス」カテゴリの記事

トンボ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪
素晴らしい調査ですね~さらりと誉めるには32回ってすごい回数
抜け殻の数も驚くほどありそうですね
粉砕して不老長寿の薬として売れるかも
一か所の池で200匹ほどのギンヤンマが生まれてるってことは
日本中の池ではどれくらいなのか驚く数でしょうね
おつかれさまでした。

投稿: エフ | 2009.10.17 09:16

エフさんこんばんは。トンボにとって天敵がいないかなり理想的なビオトープなのでこれだけの羽化が見られたものと思います。この環境が維持していければと強く願いますが、自分の土地ではないのでどうなるかはわかりません。良い産地を知ってしまうと心配ごとばかりになってしまいます。

投稿: はるきょん | 2009.10.17 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LUCKY YOU by CARL HIAASEN | トップページ | アカシマサシガメ@四季の森公園 »