« ツワブキ@皇居東御苑 | トップページ | セイタカアワダチソウに集まる昆虫 »

2009.10.29

この種な~に?@鶴見川ビオトープ

R0010272 R0010258 R0010262
鶴見川のビオトープに久しぶりに行ってみた。赤トンボのつがいがヒメガマに止まっていた。アキアカネらしいが、遠くてよく識別できない。長靴をはいていかなかったので水に入れなかったのだ。この春に芽を出した新しいヒメガマがずいぶん育っていて水域ほぼ全面を覆ってしまっていた。来春にはどうなっていることだろうか。それよりも今この狭い水辺にどれだけのヤンマのヤゴとトンボの卵が息づいているのだろうか。来春までに一度はヤゴ調査をしてみたいものである。さて、双眼鏡でヒメガマの根元を探していたところ(いったい何を?>自分)妙なものを見つけた。最初巨大なイモムシかと思いぎょっとしたのだが、手の届くものを見て植物の種と分かった。直径6~7mm、高さ3mm程度の円柱型の種である。そして、これが一体何の種であるかがまったく分からないのである。未だに調査中。分かる方あれば、ぜひ教えてください。
キショウブの種と判明しました。一年も経っていますが。2010/11/15追記

|

« ツワブキ@皇居東御苑 | トップページ | セイタカアワダチソウに集まる昆虫 »

トンボ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

草本類」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツワブキ@皇居東御苑 | トップページ | セイタカアワダチソウに集まる昆虫 »