« カナダカモメ成鳥冬羽@三浦海岸 | トップページ | ジオラマ風写真@京浜運河 »

2010.02.17

オオセグロカモメの顔

R0018127
Larus schistisagus / Slaty-backed Gull
first winter
4th winter


 オオセグロカモメの特徴的な顔を紹介する。この二頭のカモメはいずれもオオセグロカモメ。ごつく太い嘴の先端がかすかに下に曲がった感じ。嘴から額、後頭部にかけての曲線。眼の位置。眼の周りの斑のぐあい。そして頭部全体が織りなす悪人顔がオオセグロカモメの特徴だ。この二個体はオスかもしれない。フィールドで数多くの個体を見て、その種独特の顔を体得することで種の同定が容易になっていくのだと思うが、なかなか道は遠い。
 後ろの個体は虹彩(眼)が黒いので第一回冬羽。嘴がピンク色で先端部が黒。脇に褐色斑が目立つ。上下雨覆も褐色。大雨覆は白っぽい。次列風切りは黒褐色。初列風切は内側外側の差がほとんどなく、外弁が暗色、内弁が淡色。初列が短い感じがする。
 手前の個体は虹彩が淡色嘴先端付近の上下に黒斑があるので第四回冬羽。下は同じ個体。白い尾羽に黒斑が見えている。1月30日、三浦海岸にて。
R0018126

|

« カナダカモメ成鳥冬羽@三浦海岸 | トップページ | ジオラマ風写真@京浜運河 »

三浦市」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カナダカモメ成鳥冬羽@三浦海岸 | トップページ | ジオラマ風写真@京浜運河 »