« マンサクとサンシュユ@四季の森公園 | トップページ | 都内大学めぐり »

2010.03.02

カナダカモメ2個体@三浦海岸

Thayer's Gull
Larus Thayeri
February 21, 2010 Miura Kanagawa Japan


 せっかくの日曜日なのに朝から雨で外出できず。しかたなくオリンピック(女子スケート惜しい銀メダルだった)や東京マラソンそして津波警報を見ながら過去のカモメを見直した。すると2月21日、三浦海岸で撮影したカモメの中にカナダカモメが少なくとも2個体見つかった。どうして現地で気づかないのか?その答えは大体分かっている。つまり、観察よりも撮影を優先しているからだ。本当ならば一頭づつ丁寧に同定していき、貴重と思う個体を撮影すればいい。だがそのためには各カモメを同定するための識別ポイントがきちっと頭の中に入ってなくてはならず、そうでない場合にはその場で図鑑などを開いていちいち確かめなくてはならない。自分はまだ頭に入っていないので図鑑などの手助けが必要だ。ところが現場では寒過ぎて図鑑を調べることが出来ないのだ。図鑑のページをめくるには手袋をはずす必要があり、そんなことできないのだ。だから時折双眼鏡で観察するほかはずっとカメラを構えているというわけだ。一応撮影しとけば後で家でじっくり識別できる。現場でのろのろと図鑑で悩んでいる時間はもったいないわけだ。ま、そういうわけで現場ではカナダカモメに気づかなかったのである。お恥ずかしい。
 さて、大量の写真からカナダカモメらしい個体を詳細に選んで行った。嘴が細め短め、脚が短く、セグロに比べてやや小型、背がやや薄い、頭が丸い感じ......すると20枚ほどが該当するようだ。
 この20枚から、同じ個体をグループ分けする。連続写真の場合は同じ個体と出来るが、そうでない場合は何らかの特徴を持って個体識別しなければならない。頭部や胸あたりの斑や嘴の斑、それに翼のパターンなどを詳細に検討する。長時間掛けて観察したところ、初列風切のパターンが一番確実に識別できそうだと分かった。頭部の斑は首の伸ばし方などで見え方がすぐに変わるからである。
 というわけでカナダカモメらしいと思われるカモメは4個体のようである。A個体、B個体、C個体、D個体と名づけよう。
 まずはA個体。この個体の左翼のパターンの特徴はP8の先端白斑がダイヤモンド型、P5黒斑の独特の形、P4外弁にある小さな黒斑である。P10は直接は見えていない。右翼P10には大きなミラー。P9内弁に小さなミラーがある。P5P4の黒斑の形は左翼によく似ている。黒斑は両翼ともにP4-P10の7枚。
 また右翼P8P9はなぜかぼろぼろになっているようだ。この個体は首の後ろの斑が濃い。頭頂部や胸の斑は薄い。......とここまできてなんだが、頭部の形、初列裏側の色合いからセグロカモメの可能性が高い。
R0019229p R0019422p R0019228 R0019229 R0019230 R0019258 R0019259 R0019422

 次にB個体。これは左翼を綺麗に見せてくれた。見えにくいがP10にミラーがある。P9-P6の先端白斑の黒との境界はほぼ直線的。P5の黒斑は幅がややあり、先端白斑の形が特徴的。P4には黒斑無しなので黒斑は6枚。頭頂部の斑がやや密にある。嘴の黄色はかなり淡い。右翼初列の裏側ではP10のミラーが見えている。黒色部は薄い
R0019417p_2 R0019417 R0019419 R0019482 R0019483

 C個体も左翼を綺麗に見せてくれた。P10が隠れて見えないがP1からP9までよく分かる。P9-P6あたりの先端白斑は羽軸部分の黒が少し白に食い込んでいる。P4の黒斑は非常に特徴的な形をしている。黒斑は7枚。胸から頭部の斑は多くはない。眼の周りに斑がやや集まっている。虹彩は淡色。黄色い嘴先端下部に赤斑。最後の写真では大雨覆を下げているせいか大きすぎるコートを着ている人のように見える。
R0019539p R0019539 R0019540 R0019476 R0019487

 これはD個体。最初カナダカモメかと思って調べていたが、初列裏側が黒いのでセグロカモメかもしれない。
 この個体は左翼のパターンが詳細に見えなかったが、P10のミラーが少し見えている。P9-P6の先端白斑の形はB個体に似て黒との境界がほぼ直線的。Bと違うのはP8白斑の内側に少し見えているP9のミラーの大きさが小さいこと。B個体はこれが大きい。この個体は首の黒斑が密で、眼のまわりも黒く特徴的な顔をしている。左右ともにP9P10にミラーがあり、黒斑はP5-P10の6枚のようだ。
R0019604p R0019602 R0019603 R0019604

|

« マンサクとサンシュユ@四季の森公園 | トップページ | 都内大学めぐり »

三浦市」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

どこで判断されたかわかりませんが、すべて問題なくセグロカモメvega gullです。観察地は私のよく通うフィールドなので、誤解が広まると困りますので、昨年の記事のようですがコメントさせていただきました。

投稿: おだや | 2011.03.24 21:59

おだやさんこんばんは。ご教授ありがとうございます。やはりBもCも小さめのvega個体ですかね。

投稿: はるきょん | 2011.03.25 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マンサクとサンシュユ@四季の森公園 | トップページ | 都内大学めぐり »